2020年1月2日、3日東京国際フォーラムホールB7にて、万葉集meetsミュージカル『令和にそよぐ風~若き歌詠みの物語~』が上演された。

この公演は、東京国際フォーラム開館20周年事業として2017年に初開催した日本文化を紹介・体験するイベント「J-CULTURE FEST」のプログラムの一環で、4回目となる今年は、「令和」の出典となり注⽬が⾼まる『万葉集』を題材に、昔と今を結ぶ、⽇本⼈の原点が詰まった「こころのうた」に着⽬し、⽇本特有のリズム・韻と、多様なメッセージが込められた物語を、⾳楽・舞踊・芝居で表現した良質な和製ミュージカルショーだ。

(撮影:阿部章仁)

(撮影:阿部章仁)

そして何といっても衣裳が豪華! 色鮮やかな本物の装束を身にまとった出演者たちに目がくぎづけになった。オリジナル楽曲も多く、音色とともに万葉集の世界に引き込まれていった。歌詠みを志す青年(市川染五郎)が老人と出会い、現代から万葉の世界へいざなわれるシーンから始まり、額田王(夢咲ねね)をめぐる、大海人皇子(山本耕史)と中大兄皇子(新納慎也)の三角関係を歌で表現する場面は、なんとも切ない気持ちになる。

(撮影:阿部章仁)

(撮影:阿部章仁)

(撮影:阿部章仁)

(撮影:阿部章仁)

音楽や歌は言葉が通じなくても人々の心に届くということを伝えたかったのか、山本耕史は英語での歌を披露。まさかの展開だったが、違和感なく歌の世界に酔いしれることができた。

(撮影:阿部章仁)

(撮影:阿部章仁)

途中、万葉集講座なるコーナーがあり、あまりなじみがない人にも万葉集についてわかりやすく説明がされた。早口言葉あり、歌・ダンスありの楽しいシーンだった。

(撮影:阿部章仁)

(撮影:阿部章仁)

山本は芝居、歌だけでなくドラムエレキギターの演奏もあり、多才ぶりを発揮。その後、他の出演者たちもそれぞれ楽器を持ち登場し、和洋楽器のコラボは圧巻で客席は大いに盛り上がった。

(撮影:阿部章仁)

(撮影:阿部章仁)

山本と新納のデュエットミュージカルファンにはたまらないシーンになったに違いない。

(撮影:阿部章仁)

(撮影:阿部章仁)

市川は初めて九字真言(勧進帳)を披露した。いつか歌舞伎で拝見したい。

そして夢咲の華麗な舞踊や透き通る歌声、尾上菊之丞の歌声はとてものびやかで舞踊家以外の一面を垣間見ることができたりと、約80分間で万葉集の世界を堪能できた。

(撮影:阿部章仁)

(撮影:阿部章仁)

(撮影:阿部章仁)

(撮影:阿部章仁)

来年の「J-CULTURE FEST」も今から楽しみだ。


Mナンバー

①  「令和にそよぐ風」歌:新納・夢咲(作詞:戸部和久 作曲・編曲:大貫祐一郎)
② 「紫ににおう花〜香具(久)山」『あかねさす紫の花』(宝塚歌劇団)より 歌:夢咲
③ 「恋の歌」『あかねさす紫の花』(宝塚歌劇団)より 歌:山本・新納
④ 「The Origin of Love」『Hedwig and the Angry Inch』より 歌:山本
⑤ 「富士の高嶺」 歌:尾上(作詞:戸部和久 作曲・編曲:大貫祐一郎)
⑥  長唄「浦島」 歌:藤舎(作詞:戸部和久 作曲:藤舎貴生)
⑦ 「蟹口言葉」 歌:新納・夢咲 (作詞:戸部和久 作曲・編曲:大貫祐一郎)
⑧ 「蟹喰楽」(かにくいらく) 歌:新納・夢咲・尾上 (作詞:戸部和久 作曲・編曲:大貫祐一郎)
山本耕史一人バンド&全員でのセッション
⑩ 「What You Own」『Rent』より 歌:山本・新納
⑪ 「令和にそよぐ風」(和洋楽器演奏)(作曲・編曲:大貫祐一郎)
⑫ 「枕刀」 (まくらたし) 歌:夢咲(作詞:戸部和久 作曲・編曲:大貫祐一郎)
⑬ 「Midnight Radio」『Hedwig and the Angry Inch』より 歌:山本
⑭ 「令和にそよぐ風」歌:全員(作詞:戸部和久 作曲・編曲:大貫祐一郎)
①⑤⑥⑦⑧⑪⑫→オリジナル楽曲)