ベンフィカレアル・マドリーに所属するドミニカ人FWマリアーノ・ディアス(26)の獲得に動く可能性があるようだ。スペインマルカ』がポルトガル『O Jogo』を引用して伝えている。

マドリー下部組織出身のマリアーノは、トップチームに昇格後、リヨンに完全移籍した2017-18シーズンブレイク2018年夏にマドリーへの復帰を果たしたものの、定位置を確保できず、今シーズンジネディーヌ・ジダン監督の構想外となり、ここまでラ・リーガでの出場はない状況だ。

そんなマリアーノに、新たなストライカーの獲得を検討するベンフィカが注目。同クラブは9日に、スペイン人FWラウール・デ・トーマス(25)をエスパニョールに完全移籍で売却しており、その代役として狙っているようだ。買い取りオプションが付随したレンタルでの獲得に興味を持っているという。

サムネイル画像