ソニー1月7日、米国ネバダラスベガスにて開催中の技術見本市「CES 2020」について、出展内容を発表しました。6日(米国時間)に現地で行われた記者会見では、モビリティにおける新たな取り組み「VISION-S(ビジョン エス)など、エレクトロニクスとエンタテイメント事業の最新の成果や展開が紹介されました。

同社は、「ビジョン エス」をモビリティにおける安心・安全から、快適さやエンタテインメントなども追求する取り組みとして位置づけ、電気自動車の試作車を発表。試作車は自動運転技術を備え、同社のイメージング・センシング技術をはじめ、AIや通信、クラウド技術も活用した車載ソフトウェアの制御により、機能が継続的にアップデートされます。

(「VISION-S」試作車イメージ(出典:ソニーWebサイト))

車内外の人や物体を検知・認識し、高度な運転支援を実現するため、同社の車載向けCMOSイメージセンサーやToF(Time of Flight)センサーなど数種類のセンサーを計33個搭載。また、各シートスピーカーを内蔵し、独自の立体音響技術「360 Reality Audio(サンロクマル・リアリティオーディオ)」を提供します。

併せて、ブラビアの最高峰モデルMASTER Series(マスターシリーズ)」に搭載された技術を継承した新8K液晶テレビ「Z8Hシリーズ」を発表。このほか、「PlayStation 5」のロゴも発表されています。

(ブラビア「Z8Hシリーズイメージ(出典:ソニーWebサイト)

【出典】ソニー、CES 2020への出展について発表

ソニー、自動運転の電気自動車「VISION-S」を発表 - 独自技術を搭載