タレントカンニング竹山(48歳)が、1月13日に放送されたニュース番組「AbemaPrime」(AbemaTV)に出演。“荒れた成人式”を取り上げるメディアに苦言を呈した。

番組はこの日、成人年齢の引き下げに関する議論と共に、メディアが取り上げ続ける“荒れた成人式”についてトークを展開。

MCの竹山は、「ここ5年ぐらいずっとテレビで報じている北九州成人式は、取り上げるのを止めたほうがいいね。ああいう報道って、もう『バカじゃねぇか?』って思うわけ。俺、基本的にああいうメディアを作っている人はバカだと思ってるけど。『いつまでやってんのよ、これ』っていう。何にも社会のことを考えてないメディアになっていると思うし、そういうの作る側も考えていかないと」と、紋切り型の報道に苦言を呈した。

また、番組レギュラーの堀潤は、約20年前の自身の成人式に、女優・モデルとして活躍するRIKACOが登場した時のエピソードを披露。

当時の思い出として、「RIKACOさんが登壇したら、ヤンキーのみんなが『うわー!』って壇上に上がって来そうになって。するとRIKACOさんは『上がってきなさいよ!』って言った。ヤンキーは『すみません…』と(笑)」とのエピソードを明かすと、スタジオからは「イメージ通り」「姉御ですから」と、当時から健在の“RIKACO節”に感嘆の声が上がった。