銀河連邦から逃亡した「試作品626号(=スティッチ)」が戦国時代の日本にやってきた。そんな斬新すぎる設定の漫画『殿さまとスティッチ』(英語表記:TONOSTITCH)がコミックDAYSスタートしました。

【画像:漫画を読む】

 戦国武将・大和命尊(やまとめいそん)は目的のためには手段を選ばない冷酷な男。天下を取るため、多くの人が身を潜める砦(とりで)の焼き討ちを命じます。

 そこへ現れたのはスティッチが乗った宇宙船。時空のゆがみをくぐり抜け、戦国時代の日本に不時着します。未知の物体に恐る恐る近づく武士たち。中から出てきたスティッチのことを「青いタヌキ」と呼ぶことにしました。……ツッコミどころが多すぎます。

 さて、「リロ&スティッチ」でも描かれているように、スティッチは力持ちのやんちゃなキャラ。逃げ回ったり武器を奪ったり、武士たちの間を暴れまわります。けれどもそんなスティッチの様子を見ていると、謀略の限りを尽くした命尊に初めての感情が芽生えます。それは……「可愛い」。そして命尊はある決断を下すのでした。

 注目したいのはスティッチの動き。電子コミックの特性を生かし、本当に画面の中で動いています。これには人気ブロガー・ARuFaさんを連想する読者も。はてなが開発した「GigaViewer」はGIF動画表示に対応しているのですが、実際に活用された例はあまり多くありません。

 なお、本物のスティッチが登場することについて念のため講談社に問い合わせたところ、「『殿さまとスティッチ』はウォルト・ディズニー社公認の企画になります」とのこと。

 作者は漫画家の和田洋人さん。前作『ファラ夫』も“縄文時代の地層から発掘されたのは古代エジプトの君主・ファラオだった”という異色の設定でした。打ち切り記念インタビューでは「今は村松さんと次回作の準備をしているところです。全然違う内容とジャンルになると思います。楽しみにお待ちいただければ」と語っていました。

※村松さんは『1日外出録ハンチョウ』の担当でもあり、ねとらぼでは過去にインタビューしたことがあります

 『殿さまとスティッチ』の連載に対してTwitter上では「やべえですこの漫画」「サムネの時点で五度見ぐらいした」「意味わからなすぎてめちゃめちゃ笑った」などどよめきの声があがっていました。

(C)Disney/講談社

初めて出会う生物に戸惑う殿さま