英語コーチング「プログリット(PROGRIT)」を展開している株式会社プログリット(本社:東京都千代田区有楽町、代表取締役社長:岡田 祥吾)は、SAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区麹町、代表取締役社長:福田 譲)が提供するクラウド人事システム「SAP(R) SuccessFactors(R)」をグローバル人事プラットフォームとして採用し、タレントマネジメントシステムの導入プロジェクトを開始したことをお知らせいたします。システムの導入支援は株式会社オデッセイ(本社:東京都千代田区霞が関、代表取締役:秋葉 尊)が行い、オデッセイスタートアップテンプレートUlysses/PM-QS」を使用することで、約1か月間での短期導入が可能となりました。

  • 導入の背景
 株式会社プログリットは2016年9月に設立。2019年10月には社名変更および新ミッションの設定を行い、「世界で自由に活躍できる人を増やす」というミッションの下、多くの方々の世界での活躍を後押ししています。現在社員数は145名(正社員のみ。役員除く)まで増加していますが、人員の増加に伴い、人材情報の一元管理、人事考課プロセスの導入、現行の人事制度の改善、および将来的な人事制度のグローバル統一を目指した「タレントマネジメント」の導入が必要となりました。弊社は、上記ミッション達成のため「SAP SuccessFactors」を採用。「SAP Success Factors」はタレントマネジメントから人事・給与まで全ての人事業務をクラウドで実現することが可能なだけではなく、適合性と柔軟性が高いこと、多様化する働き方への対応や社員の育成強化にも用いることができることから、この度の導入を決定いたしました。導入完了後は、「SAP SuccessFactors」基盤の国内外へ拡張や、学習管理や後継者計画管理等の拡張の推進、人材情報の可視化および戦略的な人材育成を行うことを目指しています。
 SAPジャパン株式会社が提供するSAP(R) SuccessFactors(R)は、タレントマネジメントから人事・給与まですべての人事業務をクラウドで実現できる日本で唯一のソリューションです。多様化する働き方への対応、グローバルカンパニーとして社員の育成強化、事業戦略に必要な人財確保、変革をリードする人材育成が可能であること、また、人材育成業務全般を網羅した製品群の中から優先度・効果の高い業務より段階的利用開始が可能であること、適合性と柔軟性が高いことなどが高く評価されています。今回のSAP(R) SuccessFactors(R)導入にあたり、導入時の支援は株式会社オデッセイが実施。オデッセイスタートアップテンプレートUlysses/PM-QS」は、同社20年にわたる豊富な導入経験を活かし開発した導入テンプレートUlyssesユリシーズ)”シリーズの1つであり、「人材プロファイル+目標管理」をわずか1カ月間という短期間かつ低価格での導入を可能にしたソリューションです。タレントマネジメントをスモールスタートで導入し、徐々に機能を拡張させていきた企業に最適なテンプレートです。
 SAPジャパンは、SAP SEの日本法人として1992年に設立されました。SAPは「cloud company powered by SAP HANA」としてエンタープライズアプリケーションソフトウェアの市場をリードし、あらゆる業種・規模の企業の成功を支えています。世界中の商取引売上の77%は何らかのSAPシステムを使用しており、SAPのマシンラーニングIoT、高度なアナリティクスの技術は、企業のビジネスを「インテリジェントエンタープライズ」に変革していくことに寄与しています。SAPは、人々や組織が的確なビジネス判断を行うための洞察力を深めるサポートをし、高い競争優位性を実現するための協業を促進しています。よりシンプルになったSAPの技術により、企業はボトルネックにわずらわされずに目的に沿ってソフトウェアを最大限に活用できるようになります。SAPのエンド・ツー・エンドアプリケーションスイートサービスは、42万5000の企業および公共事業のお客様が利用し、ビジネスにおいて利益を上げ、絶え間ない変化に適応し、市場における差別化を実現するサポートをしています。お客様、パートナー、社員、ソートリーダーなどのグローバルネットワークを通して、SAPは世界をより良くし人々の生活を向上させることに貢献しています。(https://www.sap.com/japan/index.html
 オデッセイは、"人も会社も『活き活き』とさせる人事ソリューションを提供し社会に貢献する"というミッションを掲げ、お客様の人事部門の生産性向上をIT活用によって実現するサービスを提供している会社です。1997年の創業以来『SAP』に特化した人事専門のコンサルティングで実績を重ねて参りました。
 従業員の特性を踏まえた、適材適所配置・人材育成・評価・選抜人事を実現するタレントマネジメントシステムや、RPAを活用して人事業務の効率化を図るソリューション「HRRobo」など、HRTechを活用し人事部門の生産性を向上させることで、お客様の「働き方改革」を支援しています。(http://www.odyssey-net.jp/
  • 英語コーチング「プログリット」とは
 英語コーチング「プログリット」は、2016年9月よりスタートした、短期間で圧倒的に英語力を伸ばす英語コーチングプログラムです。今まで7,000名を超える方々にご利用いただき、2020年1月現在、有楽町、新橋、新宿、渋谷、赤坂見附、神田秋葉原六本木、池袋、横浜、名古屋、西梅田、阪急梅田の12校舎を展開している他、校舎の無い地域や海外からの受講にも対応するためにオンラインコースを開講しています。
 プログリットは生徒様一人一人を専任のコンサルタントが担当し、チャットアプリを活用した徹底的なスケジュール管理やチャットによる学習フォローを実施。従来の英語教室のように「英語を教える」のではなく、英語を学ぶための効率的な学習法を提案すると同時に、そのために必要な時間を作り出すためのコーチングを行います。毎日のやりとりや週に1回の振り返りの面談を通して、英語学習を途中で投げ出さず、最後までやり遂げられるように様々な角度から生徒様を徹底サポートしています。英語力だけではなく、最後まで「やり抜く力」を身に付けることもできる。これが英語コーチングであるプログリットの強みです。
  • 会社概要
株式会社プログリット≫
https://www.progrit.co.jp/
 元マッキンゼーの岡田(代表取締役社長)と元リクルートの山碕(取締役副社長)が創業し、短期間で実践的ビジネス英話を習得する英語コーチング「プログリット」を提供。前職で、英語力がネックとなりスピード感を持ったビジネスができていない企業やグローバルで活躍するチャンスを逃しているビジネスパーソンを目の当たりにし、現在の日本の英語教育サービスではこの状況を改善することはできないと考えたことから本サービスを企画・提供。「世界で自由に活躍できる人を増やす」というミッションには、サービスを通じてあらゆる方々にスキルや自信を提供し、一人でも多くの方が世界で自由に活躍できるよう後押ししたい、という想いを込めています。また、ミッションを実現するために5つの大事にすべき価値観である「FIVE GRIT」を決め、社員全員がそれら5つの価値観を大事にしながら毎日成長しています。

・所在地  東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館ビル5階
URL   https://www.progrit.co.jp/
      Facebookhttps://www.facebook.com/PROGRIT.JP/
      Twitterhttps://twitter.com/PROGRIT

・事業内容  英語コーチングサービスの開発・運営
       英語学習に関するメディアの企画・運営(https://progrit-media.jp/
       グローバル人材紹介サービスの企画・運営

配信元企業:株式会社プログリット

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ