cheeroより左右独立使用可能な、高音質ワイヤレスイヤホンの登場です!
イヤホン本体は約4時間連続再生が可能。コンパクトな充電機能付きイヤホンケースに収納すれば、外出先や移動中でも、0%から100%まで約5回フル充電でき、ケースの1回の充電で連続20時間使用可能です。
イヤーピースは2種×3サイズフィット感を重視。左右独立型なので、片耳での使用が可能です。
また、左右それぞれのイヤホンを、別々のBluetooth対応機器(スマートフォン等)に接続して使用することもできます。

Amazon直販
販売ページhttps://amzn.to/2lgj9CC

■楽天直販
販売ページhttps://item.rakuten.co.jp/cheeromart/che-624/

Yahoo直販
販売ページhttps://store.shopping.yahoo.co.jp/cheeromart/che-624.html

発売記念販売価格:3,780円(消費税込)
販売価格:4,380円(消費税込)
**************************************************************
製品仕様
**************************************************************
【製品名】 cheero Wireless Earphones with Bluetooth5.0
【型番】 CHE-624

■Earphones 本体
【寸法(本体)】 約 26 × 26 × 17 mm
【重量(本体)】 約 4.4 g (合計 8.8 g)
Bluetooth Ver.】 Ver.5.0
【防水規格】 IPX5
プロファイル】 A2DP, AVRCP, HFP, HSP
【対応コーデックSBC,AAC
【連続通話/音楽再生時間】 約 4 時間
【通信距離】 約 10 m(障害物無)
バッテリー容量】 3.7V / 40mAh
【周波数範囲】 20Hz - 20KHz
【対応OS】 Android / iOS

■Earphones 充電ケース
【寸法(本体)】 約 75 × 45 × 32 mm
【重量(本体)】 約 43 g
バッテリー容量】 3.7V / 580mAh
【充電時間】 約 2 時間
【充電回数(ケースから本体)】 約 5 回
【入力】 5V / 500mA USB-C
【付属品】
イヤーピース3種(S/M/L), 充電用USB-A to C ケーブル, 取扱説明書, 保証書(1年間)

**************************************************************
製品特徴
**************************************************************
■Bluetooth 5.0
従来のBluetoothバージョンと比べ、データ通信速度が約2倍、通信範囲が約4倍、通信容量は約8倍になりました。
データ通信速度が向上した為、音切れが抑制され、安定した通信を行うことが可能です。
従来に比べ、より快適な環境のもと通話や音楽再生が出来るようになりました。
尚、タイムドメインラボによるサウンド質指導でチップの選定や基盤のデザイン、このモデル専用に作成したイヤピースの素材とサイズにこだわり、「高品質の音」、「ボーカルの自然な広がり」、「スピードのある低音」を実現しました。
安心の日本チューニング製品になります。

■自動電源ON機能&充電機能付イヤホンケース
イヤホンケースから取り出した時点で自動電源ONになるので、すぐにBluetooth対応機器との接続可能です。
ケースから取り出して電源ボタンを押すという一手間をなくしました。
また、音楽を聞き終わった後、ケースに収納するだけで自動で充電開始するので、毎回充電ケーブルイヤホンに繋ぐ必要はありません。
(ケースの充電には付属ケーブル、別売りUSB充電器が必要です。)

■ひとつのボタンで音楽操作/ハンズフリー通話
再生・停止は1クリック、次の曲へは右のボタンを2クリック、前の曲へは左のボタンを2クリック、というように、ひとつのボタンで音楽・通話の操作を全て行えます。
また、イヤホンの形状が左右対称になっているので、どちらのイヤホンを左右どちらの耳に装着してもしっくりとフィットします。
家族や友人・恋人等と片方ずつ使う場合に、利き耳を気にする必要がありません。

■IPX5レベルの防水性能等級
汗や雨を気にせず問題なくつかえるIPX5の防水等級をクリアしています。
あらゆる方向からの噴流水による有害な影響がない(防噴流形)ので、外でも安心してご使用いただけます。

配信元企業:ティ・アール・エイ株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ