山梨県で大雪の恐れ 関東南部の平野でも雪の可能性

画像

今夜17日(金)から明日18日(土)にかけて、本州の南を低気圧が発達しながら進みます。関東甲信地方では南部を中心に雨雲がかかり、上空約1,500m付近で-3℃~-5℃の寒気が東日本の太平洋側まで南下する予想です。

関東甲信地方では、山梨県を中心に大雪となる恐れがあり、関東西部の山沿いでも積雪する可能性があります。18日18時までの24時間の降雪量は、甲信地方で20cm、関東地方の山沿いで10cmと予想されます。積雪による交通障害や路面の凍結、電線や樹木への着雪に注意をして下さい。

また、関東地方の平野部でも、明日の朝は雨が雪に変わる可能性があります。平野部の一部では積雪状態となる所がある見込みですが、東京都心などで積雪する可能性は低く、雪による交通機関への影響はあまりなさそうです。

ただ、低気圧が急速に発達する影響で、関東南部の沿岸を中心に風が強まるため、強風による交通機関の乱れに注意が必要です。明日18日(土)は大学入試センター試験に向かわれる学生の方も多いと思います。こまめに気象情報や交通状況を確認し、余裕をもって会場に向かうようにして下さい。

山梨県で大雪の恐れ 関東南部の平野でも雪の可能性