17日放送の『バイキング』(フジテレビ系)の中で小泉進次郎環境相が育児休暇を取得することを取り上げたが、その中で出演者たちの発言が話題になっている。

 17日深夜に誕生した小泉氏の長男。小泉氏は今後、3カ月間で合計2週間程度の育休を取ることを明かしているが、大臣という責務のある役職に就いているだけに、ネットからは賛否両論が集まっていた。

 そんな中、『バイキング』でもその是非について議論がされていたが、そんな中、MCの坂上忍は小泉氏が取得予定の育休について「確かに肉体的にはもちろん、精神的にもサポートは大切だと思うんですけど、僕もちょっと疑問に思ったのはこれって育休なのかな? っていう気がちょっとしちゃったんですけど」と疑問視。また、出演していたタレント東国原英夫も「2週間っていうのは中途半端」と坂上の意見に同意しつつ、「大臣職じゃないですか。育休をまとめて取るのであれば、大臣を辞めて普通の国会議員になって取るべき」と持論を展開していた。

 この坂上や東国原の発言には「普通の企業だって1日から育休取ることだってあるし、中途半端でもなんでもない」「大臣になると子供と奥さんと一緒にいちゃいけないんだ…」「育休中もリモートで仕事できるんだし、休めるときに育児することのなにが悪いのか?」といった声が集まっているほか、一方では「休んだ分仕事跳ね返って忙しくなるくらいだったら毎日早く家に帰ってきたほうがいいよね」「家事代行頼むお金あるのになんで育休取るの?」「3カ月じゃ育児終わらないし本当に中途半端」「確かに大臣のままでいる必要はないな」といった声もあった。

 「小泉氏は育休について、1日休みや時短勤務、テレワークなどを組み合わせていく旨を明かしていますが、『会社員だったら理想的な育休の取り方』という声や、実際の主婦からも『夫が1週間休み取ってくれて救われた』『まとめて取らないのどうなのって言われてるけど、健診に合わせて育休取って荷物持ちとかしてくれるだけでも助かる』という声も聞かれています。メディアでは否定的な意見が目立つものの、小泉氏の育休宣言は海外でも報じられ、好意的に見られていることもあり、まだまだ議論は続きそうです」(芸能ライター)

 大臣職に就いていることもあり、さまざまな波紋を広げている小泉氏の育休。果たして今度の男性の育休取得率に影響を及ぼすことはあるだろうか――。

坂上忍