アーセナルはヘタフェに所属するトーゴ代表DFジェネ・ダコナムの獲得に興味を示しているようだ。16日、イギリス紙『デイリー・エクスプレス』が報じている。

 アーセナルのミケル・アルテタ監督は今冬、イングランド人DFカラムチェンバースが長期離脱を強いられているセンターバックポジションに即戦力を迎え入れたいと考えている。様々な候補が上がる中、ヘタフェで高い評価を得ているジェネがその有力候補の1人であるようだ。

 ジェネは28歳のセンターバックで、ここ数年の活躍によりリーガ・エスパニョーラでもトップクラスの選手と位置付けられている実力者。昨年は最終ラインの軸として、ヘタフェをクラブ史上最高位の5位へと導き、ヨーロッパリーグ出場権ももたらした。

 ヘタフェはジェネの移籍に際し、2200万ポンド(約31億円)の移籍金を要求する模様。アーセナルに加入することとなれば、元ブラジル代表DFダヴィド・ルイスらとともにディフェンスラインの中心選手としての活躍を期待されることになりそうだ。

アーセナル移籍が噂されるジェネ [写真]=Getty Images