画像はキャプチャ

酒に酔った時にポカリスエットを飲むと酔いが早く回る……なんて噂を耳にしたことはないだろうか。体液に近い電解質を持ったポカリは、身体への速やかな水分吸収を促すことから一緒に飲むとアルコールも素早く吸収されてしまう、と思われがちなのが原因だろう。

大塚製薬は前々からこの"誤解"の払しょくに努めてきた。今年1月には成人式テーマにした漫画を公式ツイッターに投稿。「#ポカリ君は誤解を解きたい」というタグとともに、同社が販売するポカリスエットアルコール吸収を早める作用がないことをユーモラスに伝えている。

酔った女の子にポカリを提案して変な誤解を招いてしまう


漫画は3ページで完結。『徒然チルドレン』などの作品で知られる漫画家の若林稔弥さんが、成人式後の二次会を舞台に、登場人物のやり取りを描いている。

主人公は、爽やかイケメン主人公ポカリ君。場面は、ポカリ君を気にしている女の子、大塚さんが「早くも酔ってきたかも…」と頬を赤らめる描写から始まる。すると、男子の1人が得意げに「飲み方知らないの?」と声をかけてきた。

「チェーサーに水は必須。でもこのウイスキーには俺なら牛乳か麦茶かなー」

大人ぶる男子をかわし、水を手に取ろうとする大塚さん。そんな様子を見ていたポカリ君は

「ちょっと外の風に当たりながら ポカリ買いに行かない?」

と大塚さんに声をかける。だが、男子には「ポカリはお酒の吸収を早めるって常識だろ!?」と馬鹿にされ、大塚さんには「私を外に誘って 二人きりになるため…?」と勘違いされてしまう始末……。

ストーリーはここまで。最後のコマでは解説が入り、ポカリとお酒を一緒に飲むと酔いやすくなるという噂は「誤解です」ときっぱり否定している。さらに

ポカリは水分を素早く吸収できるというデータはありますが、アルコールの吸収を素早くすることはありません」

と説明して幕を閉じた。

大塚製薬の広報は「正しい情報を発信したくて…」

公式ツイッターでは、昨年12月にも忘年会テーマにした漫画を投稿している。ポカリスエット公式サイトでも、ポカリを飲むのにオススメのタイミングとして「運動能力の維持」「熱中症対策」などと併せて、「お酒を飲んだ時に」と紹介している。

飲酒時にポカリを薦める理由としては、アルコールの利尿作用により、大量の水分が体外に出てしまうことを挙げる。「お酒を飲んだときは脱水しやすくなっているので、いつも以上にしっかりと水分補給することが大切です」という。

こうした"誤解"を解くための一連の投稿について、大塚製薬の広報は

「正しい情報を発信したいという思いから取り組んでいます」

と説明する。広報担当者によると、ポカリを飲むと酔いやすくなるという噂は「長い間まことしやかに、都市伝説のように語り継がれてきた」という。

ツイッターでは、今回の成人式篇に対して、「完全に勘違いしてた!」「飲酒後は避けてました」という反応が寄せられていた。「むしろ、チェーサーにいいのでは」と新しい飲み方をひらめいた人もいたようだ。