レバークーゼンは17日、ピーター・ボス監督(56)と2022年まで契約を延長したことを発表した。

現役時代にジェフユナイテッド千葉プレーした経歴を持つボス監督は、母国オランダのアペルドールンで監督キャリアをスタート。その後、ヘラクレスやフィテッセ、アヤックスを指揮後、2017年夏にドルトムントの監督に就任。だが、結果を残せず同年12月に解任されていた。

その後、2018年12月レバークーゼンの監督に就任したボス監督は昨季、9位と低迷していたチームを任された中、4位でフィニッシュ。チャンピオンズリーグ出場権獲得を果たしていた。そしてブンデスリーガ前半戦を終えた今季は6位に位置している。

サムネイル画像