1月16日深夜放送の文化放送『相席スタートの密会Midnight』にて、相席スタート・山添寛が、EXIT・兼近大樹にまつわるエピソードを語った。

【別の記事】“チャラ男芸人”EXITが見せたギャップにネット反響「最高」「癒やされた」

番組の中で、山添は先日EXITと一緒に仕事をする機会があったとして、「兼近の返しが秀逸すぎるなと思っててね」「早さと、求められてることに対するコメントすごいなあ、なんていう話を、兼近にしてたんですよ。もちろんりんたろー。も横におって」と話し始めた。

続けて「りんたろー。からね、最近聞いたんですけど…『兼近がなんですごくなったか知ってる?』って」「兼近、実はね、独自で特訓積んでたんですよ」と切り出し、「たまにね、兼近ってインスタライブやってるんですって。それのコメント返し、“全部のコメントチャラく返す”ってのを自分ルールでやりだしたら、コメント死ぬほど来るじゃないですか」「ばーって返してたら、脳みそが“パリピハイ”になって、それで鍛えられたと。“パリピ返し”が」と説明した。

さらに「(山添が)『えーっ、すごいやん、かねち!』って言ったら、かねちが『それやってから、スタジオで他の仕事行った時に、タレントさんの返し見てたら、もうその返し止まって見えるようになりました』って」「名言残してましたよ」と笑い混じりに明かした。

EXIT兼近が瞬時に“パリピコメント”返せるようになった独自の特訓とは?「自分ルールで…」