アスルクラロ沼津は18日、元日本代表FW中山雅史(52)との契約更新を正式発表した。

かつてジュビロ磐田エースストライカーとして一時代を築き上げ、日本代表としても1998年フランス大会から2大会連続でワールドカップ(W杯)を経験するなど通算53試合21得点を誇る中山。コンサドーレ札幌(現・北海道コンサドーレ札幌)を経て、2015年途中から沼津に所属している。契約更新を受け、「アスルクラロ沼津の発展と成長に全力を尽くす事で自らの成長に繋げ、チームの闘い、勝利に貢献できるように走っていきます。一緒に闘って下さい。応援宜しくお願いします」とコメントした。

なお、中山は沼津に加入して以来、いまだ出場なし。今シーズン2012年の札幌時代ぶりとなるプレーが期待される。

サムネイル画像