第92回アカデミー賞で作品賞を含6部門にノミネートされた「ジョジョ・ラビット」(公開中)の本編映像の一部を、映画.comが入手した。主人公ジョジョと母親の愛あふれるやり取りを収めている。

【動画】ぎこちないウインクがかわいい!「ジョジョ・ラビット」本編映像

本作は、第2次世界大戦中のドイツを舞台に、主人公の少年ジョジョ(ローマン・グリフィン・デイビス)ら戦時下で生きる人々の喜びと人生の真実をユーモアたっぷりに描く。ナチスに教化され、"ユダヤ人は悪い"と信じてきたジョジョは、ある日、母が自宅に匿っていたユダヤ人の少女と出会う。ジョジョの母ロージーを演じたスカーレットヨハンソンは、本作で第92回アカデミー賞助演女優賞にノミネートされた。

公開されたのは、ジョジョを寝かしつけるロージーのシーン。ロージーを真似てウインクしようとするジョジョだったが、うまく片目だけ閉じることができず、ロージーが何度も教える。最後にはロージーが手を使ってウインクを成功させ、2人で笑いあう場面だ。

強く聡明なロージーを演じたヨハンソンは「ロージーとジョジョの仲は愛に満ちている。その素敵な感じが2人を見た瞬間に伝わるようにしたかった」と役作りについて明かしている。愛にあふれた温かいシーンであり、「マリッジ・ストーリー」でも主演女優賞候補になるなど、オスカーにWノミネートされたヨハンソンの演技力光る場面となっている。

愛は最強! (C)2019 Twentieth Century Fox