チェルシーフランク・ランパード監督が、今冬の移籍市場についてコメントした。公式サイトが伝えている。

 チェルシーはレギュレーションに違反したとしてFIFA国際サッカー連盟)から今シーズンの選手登録を禁止されていた。しかしスポーツ仲介裁判所(CAS)がチェルシーの異議申し立てを認め、補強禁止処分が昨夏の移籍市場のみに軽減されていた。

 これを受け、チェルシーの補強に関する様々なうわさが流れているが、今回会見に出席したランパード監督は次のようにコメントし、今冬の移籍市場に言及した。

「すぐに新たなニュースは届けられない。でもクラブは移籍市場での可能性を探し続けている。(イングランド代表MF)ロス・バークリーや、(ブラジル代表MF)ウィリアンはどこにも行くことはない」

 さらに、先日契約を更新したU-21イングランド代表DFリースジェームズについては「彼のことは非常に高く評価している。昨シーズン率いたダービー時代にも獲得しようとしていたくらいだよ。これからももっと活躍するだろう。今回の長期にわたる契約はクラブにとって素晴らしいことだ」とコメントし喜びを露わにしている。

移籍市場についてコメントしたランパード監督 [写真]=Getty Images