1月後半の新台速報だが今回は異色コラボ、爆速出玉で話題となった台の続編、コアなファンが存在したスカイガールズの最新台や、6号機初の4thリールと「異例ずくめ」の新台ばかりだ!

●Pほのかクールポコと、ときどき武藤敬司豊丸産業

◆あらゆるファンが楽しめる異色コラボで「やっちまったなぁ」

 可愛すぎるビールの売り子として注目され、女性ファッション誌専属モデルとして活躍しているほのかさん。餅をつきながら「やっちまったな~」のギャグで知られる、人気お笑い芸人クールポコ。そしてリビングレジェンドとして、世界的にも有名なプロレスラー武藤敬司氏。この一見脈略のない3組による異色のコラボマシン「Pほのかクールポコと、ときどき武藤敬司」は、1月中旬から全国のホールに導入予定だ。

 遊びやすさが魅力の「遊moreコレクション」シリーズ最新作「Pほのかクールポコと、ときどき武藤敬司」のスペックは、大当り確率が1/114.7~149.6の6段階設定付きで、全ての大当り終了後に100回転のST「ラッキータイム」に突入。ST中の大当り確率は1/55.3~72.1、継続期待度は約75.9~84.4%と、100%突入タイプの安心感と高い連続性を両立しているのが特徴になる。

 大当りラウンドは4~10Rで、これは大当りの図柄に対応しているのがポイントリーチ時の図柄が大きい数字ほど期待感が高まると同時に、様々なタイミングでの昇格チャンスも用意されているので最後まであきらめは禁物だ。さらにラウンド決定後には、賞球9個の姫アタッカーと賞球3個のやっちまったなぁアタッカー、どちらが開放するかを決める「坊主めくりジャッジ」が発生。姫アタッカーが開く姫札が出るか、坊主札でやっちまったかにより出玉に約3倍の差がつくだけに、やっちまわないことを祈っておこう。だが、やっちまわないゾーン中の大当りは、坊主札が封印!?

 ほのかさんの笑顔に癒されるノーマルモードクールポコのパトランプが光れば大当り濃厚の一発告知モード、そして武藤敬司氏扮する蝉丸出現は大チャンスと、異色ながら異彩を放つコラボが楽しめる「Pほのかクールポコと、ときどき武藤敬司」。豊丸産業らしいセンスあふれる演出で、ちょっと遅めの2020年初笑いなんていうのもオススメかも。その際はくれぐれも、やっちまわないよう注意されたし!

●Pビッグドリーム2激神(サミー/製造・銀座)
(C)Sammy


◆再臨する神は撃から激へと正統進化

 圧倒的な出玉感とスピード感で一世を風靡したビッグドリームに、待望の続編が登場! 神撃から激神へ、正統進化を遂げたスペックと演出で注目を集める「Pビッグドリーム2激神」。再臨の日となるホール導入は、1月中旬が予定されている。

「Pビッグドリーム2激神」のスペックは、大当り確率約1/319.7のV確ループタイプ。確変割合はヘソが55%で電チューが80.5%と、前作以上の継続率を実現。さらに初当たりの50%で確変確定からスタート。また確変中の確変大当りの全てが出玉約1500個のフルラウンドと、出玉期待度もバッチリなのだ。もちろん確変「GOLDEN GAME」中は最短変動時間が約0.5秒という異次元スピード感で、次々と大当りが押し寄せるビッグドリームならではの爽快感が体験できること間違いなしだ。

 神の一撃をつかみとるジャッジメント演出には、前作を踏襲した3択の宝箱選びに加え、2択やFINALジャッジメントと新たな大チャンスパターンを装備。7セグ+液晶による多彩な演出により、前作以上の興奮を体験できる「Pビッグドリーム2激神」。新たなる神の降臨は、新時代のパチンコを新たなステージへと引き上げてくることだろう。

スカイガールズ~ゼロノツバサ~(コナミアミューズメント
(C)Konami Digital Entertainmentスカイガールズ製作委員会
(C)Konami Amusement


SONICモードが発動すれば2400完走までひとっ飛び

 ロボ×美少女コンセプトにしたアニメを原作に、2013年の第1弾、2015年の第2弾と、終らない翼で長きに渡り人気を博した『スカガ』に、6号機でシリーズ最新作が登場。シリーズ最強の出玉トリガーを搭載した「スカイガールズ~ゼロノツバサ~」は、1月中旬から全国のホールへ発進する。

スカイガールズ~ゼロノツバサ~」のスペックは純増6枚のAT機で、擬似ボーナスメインAT「SONIC DIVE ZONE(SDZ)」で出玉を増やすタイプボーナスは約80枚獲得のMIDDLE、約120枚獲得のBIG、約180枚獲得のSKY BIGの3種類。

 MIDDLEとBIGは演出成功でSDZへ突入、SKY BIGならSDZ突入確定に加え上乗せゾーンLOCK」大量ストックの大チャンス! SDZは最大300G上乗せのチャンスがあるLOCKからスタート、消化中にLOCKへ突入するたびに約1/2でモードアップが期待でき、そのうえモードの転落なし。最上位であるSONICモードまで到達すれば2400枚の完走までノンストップで一直線!? SONICモードはSDZ中のモードアップゲーム数上乗せだけではなく、レア役での抽選や規定ゲーム499G、999Gがチャンス? 

 またゼロフリーズなどどこからでもチャンスがあり、常に2400をターゲットにできるのが「スカイガールズ~ゼロノツバサ~」の特徴。AT消化は目押し不要の押し順タイプのため、プレイヤーレベルを問わず簡単&高速消化でひとっ飛びだ!

●S花伝(平和/製造・アムテックス)

◆6号機初の4thリール機はTYPE1000の出玉特化スペック

 4thリールを6号機で初めて搭載することで、現行機種トップクラスの出玉性能を実現。短時間でもしっかりとした勝負ができるサラリーマンには嬉しいスペックのパトランプマシン、「S花伝」は1月中旬から全国のホールに導入予定だ。

「S花伝」のスペックは純増約6.2枚のAT機で、花札図柄揃いのメインAT「五光降臨」は8GのCZ「猪鹿蝶チャンス」からがメインルート。リール下の7セブに数字の3つ揃い+第4セグにHが停止すれば猪鹿蝶チャンス突入となり、CZ中に7セグの4桁に同数字が揃えば五光降臨確定だ。

 五光降臨はベルナビ20回で約220枚獲得、そして消化後にはボーナス高確率ゾーンの「こいこいタイム」に突入。こいこいタイムは30G継続で、その間は約1/3.6という超高確率でベルナビ10回で約110枚獲得の赤7揃いAT「乱舞ボーナス」が抽選されるのだ。五光降臨からこいこいタイム中の乱舞ボーナス連打により、平均出玉は約1000枚。さらに乱舞ボーナス後に五光ランプが赤く光ればこいこいタイムが30G延長という超絶上乗せパターンも搭載され、一撃2000オーバーも!?

 7セグに数字が揃えば一撃1000枚が期待できるという出玉至上スペックを盛り上げるのは、7セグを中心にしたシンプルでアツいゲーム性。順目や逆目が連続したりHが頻繁に出現すれば猪鹿蝶チャンスの期待度アップ、さらに語呂合わせを中心にしたリーチ目も多数用意され、色々と妄想するだけでも楽しめるのがポイントコイン持ちばかり良くて大当り時の出玉がしょぼいという6号機に疲れた人は、「S花伝」で本物の勝負にチャレンジしよう!

【キム・ラモーン】
25年のキャリアを持つパチンコ攻略ライター。攻略誌だけでなく、業界紙や新聞など幅広い分野で活躍する。

Pほのかとクールポコと、ときどき武藤敬司(豊丸産業)