2019年秋に最終回を迎えた作品を総括レビュー講談社漫画賞など数々のアワードに輝いたマンガが原作の「BEASTARS」、「異世界×プロレス×けもの」の話題作「旗揚!けものみち」、男子中学生を描いたオリジナルタイトル星合の空」、「週刊少年ジャンプ」連載の「Dr.STONE」、人気小説を原作とした「本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません」の5本をピックアップ

【大きな画像をもっと見る】

BEASTARS(ビースターズ)

肉食獣と草食獣が共存し肉食は禁忌とされる世界で、本能に翻弄される獣たちを描いた青春群像劇。物語の舞台となるチェリートン学園には、ハイイロオオカミでありながらドワーフウサギに特別な感情を抱く主人公・レゴシをはじめ、アカシカやベンガルトラ、アルパカなど、多種多様な動物が登場。本編は基本3DCGだが手描きによる2Dも混ざり、OPでは人形を用いたストップモーションを採り入れるなど多彩な表現方法もテーママッチしている。
獣たちは二足歩行で衣服も着ているため顔以外は人間とあまり変わらないが、そのためか服を脱ぐシーンにドキッとさせられてしまう。レゴシがダンスを教えるためにジャージを脱いだり、ウサギのハルが素肌を露わにする瞬間は、どこか背徳的なほどエロティック。見てはいけないものを見てしまったという感覚を久々に味わえる甘美な作品だ。



旗揚!けものみち

最強の覆面レスラー・ケモナーマスクこと柴田源蔵が異世界に召喚され、長年の夢だったペットショップを経営するためにハンターギルドで資金を貯めるファンタジーコメディ主人公プロレスラーケモナーと聞けば異色作のように思えるが、どんな攻撃も受け止めなければいけないプロレスラー、どんな動物でも愛でられるケモナーは意外に親和性が高く、技をかけ合っているうちに互いの心まで通じ合う様は目を奪われるほどに美しい
最終話プロレス大会では観客同士の場外乱闘が勃発。ゴリラの「もうガマンできない!」を鬨(とき)の声に、人間と獣人の間で大規模なバトルに発展するが、ラストでは博愛主義の本作らしい結末が待ち受けている。これこそOPで語られた「ケモナーハーレム」ではないかと思ってしまうほど。



星合の空 -ほしあいのそら-

廃部寸前のソフトテニス部に所属する男子中学生たちの青春群像劇転校生の桂木眞己(かつらぎまき)が部に加わることで、やる気のなかったメンバーたちが少しずつ変わっていく姿を描く。硬式テニスではなくソフトテニスを題材にしており、重心の低いフォームやストロークがていねいに表現された。
ダブルスが主流の競技のため、ペアを通じて強敵をどう攻略していくのかも見どころ。部内で中心的役割を果たす眞己が、ある人物と対峙すると途端に弱さを見せるなど、パターンに落とし込まない人間関係にも引き込まれる。当初は分割2クール・全24話の予定だったが、急遽1クールに変更となったため構成を変えずに前半12話を映像化したという経緯があり、続編の実現にも期待がかかる。



Dr.STONE(ドクターストーン)

全人類が石化してしまう謎の現象から数千年後。石化から目覚めた主人公・石神千空(いしがみせんくう)がゼロから文明を取り戻すサイエンス・アドベンチャー自然科学に精通した千空は万能薬や発電所、ラーメンまで、あらゆる発明品を現地調達だけで作り出す。
現代知識を駆使して諸問題を解決するストーリーは「異世界転生もの」を思わせるが、「Dr.STONE」は文明が崩壊した地球が舞台。全24話のラストは過去と現在を繋げる、とあるアイテムエピソードで締められており、エンタメも科学と無縁ではないことを伝えているところが本作らしい。村に伝わる百物語をヒントに発明品を作ったり、心理学で人の心を操るメンタリストを仲間に加えるなど、文系・理系という分類に捕われず、多様性を大切にする千空も気持ちがいいキャラクターだ。



本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません

本を愛する女子大生が転生した先は、厳格な身分制度が存在する異世界の都市・エーレンフェスト。ごく普通の兵士の娘・マインに生まれ変わったため贅沢品である本を読むことができず、自分自身で本を作り出すために奮闘する。「異世界転生もの」の主人公は新しい環境にすぐなじむイメージがあるが、マインは階段もひとりで降りられないほど病弱なこともあって、日々を過ごすだけでもひと苦労。
そんな過酷な状況の中で異世界の文字を覚えたり、シャンプーや髪飾りを作ったりと、少しずつ生活を改善していく様子がていねいに描かれており、どこかNHK朝ドラのような雰囲気も。ときおり挟まるSDキャラの解説や、主演の井口裕香による明るい声色も、シリアスな世界観をやわらげるのにひと役買っている。2020年春からは第2期が放送予定。



(文・高橋克則)

(C) 板垣巴留(秋田書店)/BEASTARS製作委員会
(C) 2019 暁なつめ/まったくモー助/夢唄/KADOKAWA/けものみち製作委員会
(C) 赤根和樹/星合の空製作委員会
(C)スタジオ・Boichi/集英社Dr.STONE製作委員会
(C) 香月美夜・TOブックス/本好きの下剋上製作委員会


>> アニメライターが選ぶ、2019年秋アニメ総括レビュー! 「BEASTARS」「星合の空」など、5作品を紹介!!【アニメコラム】 の元記事はこちら
アニメライターが選ぶ、2019年秋アニメ総括レビュー! 「BEASTARS」「星合の空」など、5作品を紹介!!【アニメコラム】