外国為替相場で、円安ドル高が進んでいる。2019年5月以来、8か月ぶりとなる1ドル=110円台の円安水準になったことから、輸出関連株を中心に「買い」が入っている。米国株は史上最高値を更新し続け、日経平均株価1月17日に昨年来高値を更新。市場のムードが好転している。

背景にあったのは、米中関係の好転。貿易協議の第一段階の合意に加え、13日には米財務省が中国の「為替操作国」の認定を解除したことなどが、投資家への心理的なプラス材料として働いている。

一方、中国では1月24日から30日まで、春節で市場が休場となる。どうなる? 今週の株式・為替マーケット!

東京株式市場 利益確定売りで上値重くなることも......

日経平均株価予想レンジ:2万3500円~2万4400円

2020年1月17日(金)終値 2万4041円20銭

今週の東京株式市場の日経平均株価は、2万4000円台を固める展開か。

前週の日経平均株価は、米中貿易協議で第一段階の合意が無事になされたことから、米中貿易摩擦の緩和期待を背景に上昇し、終値ベース2019年12月17日以来、2万4000円台を回復した。

今週の日経平均株価は、2万4000円台を固める動きとなりそうだ。米中貿易摩擦に対する懸念が後退し、為替相場が1ドル=110円台のドル高・円安に振れていることも支援材料となり、日経平均株価が上値を試す展開も予想される。

ただ、利益確定売りから上値が重くなることも。日経平均株価を大きく上昇させるだけの支援材料に乏しく、市場の関心は発表が始まる企業決算に移りつつある。

東京外国為替市場 ドルの上値重い そのワケは?

ドル・円予想レンジ:1ドル=109円50銭~111円00銭

2020年1月17日(金)終値 1ドル=110円14銭

今週の外国為替市場でドル円相場は、ドル上値が重い展開が予想される。

前週のドル円相場は、ドルが強含みで推移したことで1ドル=110円台前半まで上昇した。米財務省1月13日、半期為替報告で「中国の為替操作国認定を解除」したことでリスク選好のドル買いが進んだ。

今週のドル円相場は、1ドル=110円台までドル高・円安が進んできたことで、輸出企業を中心にドル売りが予想され、ドルの上値が重い展開となりそうだ。

米中貿易協議の進展と米国が中国に対する為替操作国の認定を解除したことで、米中関係の改善期待からリスク選好のドル買いが予想され、1ドル=111円近辺までドルが上昇する可能性もあるが、ドルを大きく上昇させるだけの材料には乏しく、輸出企業のドル売りや利益確定のドル売りがドルの上値を抑えそうだ。

経済指標は、国内では20日に日銀金融政策決定会合(21日まで)、21日に日銀の黒田東彦総裁会見と「経済・物価情勢の展望」(展望レポート)の公表、23日に2019年12月の貿易統計、11月の景気動向指数、24日に12月消費者物価、12月18、19日の金融政策決定会合議事要旨などが予定されている。

海外では、21日に世界経済フォーラム(ダボス会議、24日まで)、2019年12月の米国中古住宅販売件数、23日にECB(欧州中央銀行)の定例理事会とラガルド総裁会見、12月の米国景気先行総合指数などの発表が予定されている。

なお、20日に通常国会が召集、24日から30日までは春節で中国市場が休場となる。

(鷲尾香一)

米中関係、雪解けか?