ドラッグストアで気軽に買える! 「肌への優しさ」と「使い続けられる価格」をコンセプトにした人気スキンケアブランドmatsukiyo W/M AAA ―マツキヨ ウーマンメソッド トリプルエー―』に大注目! クレンジングから保湿クリームまで計5点を実際に使ってみた!

 

「浸透」と「持続」にこだわった高保湿スキンケアブランド『matsukiyo W/M AAA』!

お肌のカサつき、くすみ、ハリのなさ…、これにはすべて「乾燥」が大きな影響を及ぼしている! そのためには、肌にたっぷりと潤いを与えて持続させることが何より大事。

matsukiyo W/M AAA ―マツキヨ ウーマンメソッド トリプルエー―』(2019年11月11日発売)は、肌に不要な負担をかけないやさしさと使い続けられる価格を意識した、毎日たっぷり使えるスキンケアブランドレンジング、洗顔料、化粧水、美容液、保湿クリームの全5種類で、発売直後から人気を集めているという。

ラインナップはこちら!

  • 『トリートメントクレンジングオイル』(メイク落とし150ml・税抜1,000円)
  • 『トリートメントウォッシュ』(洗顔料120g・税抜925円)
  • 『トリートメントリキッド』(化粧水200ml・税抜1,202円)
  • 『トリートメントセラム』(美容液60ml・税抜1,480円)
  • 『トリートメントクリーム』(保湿クリーム50g・税抜1,480円)

 

matsukiyo W/M AAA ―マツキヨ ウーマンメソッド トリプルエー―』は、シリコン、パラベン、合成着色料、鉱物油不使用! ワセリンやミネラルオイルに頼ることなく、ミツロウやオリーブ果実油など天然由来の保湿成分を使用しているという。

(画像は公式サイトより)

潤い成分の「浸透」と「持続」にもこだわり、肌の乾燥部分へ瞬時に浸透するデリバリーシステム『プライムソームR※』で、厳選された潤い成分を角質層のすみずみまで届ける。*化粧水、美容液、クリームに独自配合

 

しかも角質層に届いた細胞膜と同じリン脂質構造のカプセルは、ぷるぷるお肌のもとになるよう角質層に留まってくれるので、スキンケアで肌を整えた後も長く保湿効果が続くという。いくらお肌にいい成分をたっぷり加えても、それが抜けてしまえばもったいないからこれはありがたい。

 

さらには、次のステップで使う化粧品の浸透を助け、お肌そのものに美容成分をキープするから冬の乾燥にもばっちり対応。朝と夜のお手入れで、潤いたっぷりのもちもち肌を目指せる!

 

『matsukiyo ウーマン メソッド トリプル A』シリーズを実際に使ってみた!

(左から、クレンジングオイル、洗顔料、化粧水、美容液、保湿クリーム

matsukiyo W/M AAA ―マツキヨ ウーマンメソッド トリプルエー―』シリーズは、透明のプラスチック容器がシンプルモードデザイン

スキンケアアイテムかわいい系のデザインが多い中、スマートでかっこいい印象だ。何でも、過剰な外装資材を必要最小限に抑えることで、そのコストを中身の品質向上に投じているのだとか。これは消費者としてとても嬉しいポイント

まずはメイク落としの『トリートメントクレンジングオイルから使ってみよう。こちらは高い保湿力を兼ね備えた保湿洗浄タイプ。2~3プッシュを手に取って、顔の中心から外側に向かってするすると肌の上を滑らすだけ。オイルミルクの中間のようななめらかさで、メイクだけを落としてお肌の潤いバリアは保持する「スクワラン」配合。

 

使ってみるとファンデーションやリップが溶けるようになじんでいき、洗い上がりはしっとりしている。

メイク落としが終わったら、今度は洗顔料。『トリートメントウォッシュ』は、手のひらを濡らしてから水やぬるま湯で泡立てて使用する。使い方は一般的な洗顔料と同じだが、その泡のきめ細かさやなめらかさは特徴的だった。

ふわりと花のような香りがするのも癒される。洗い上がりは、さっぱりしたのにもちっとした肌の質感は保湿力を感じる! 目元や口元など皮膚の薄い部分は特にしっとり感がわかりやすかった。

続いてはお肌を整えるステップへ。化粧水『トリートメントリキッド』は半透明でさらっとしている。使いやすいポンプタイプが嬉しい。

ナノサイズの保湿カプセルが角質層のすみずみまで浸透し、留まることで潤いを持続するだけあって、これ1本でも肌の中に潤いが入っていったような感覚があった。さらっとした化粧水でべたつかないのに、しっとりした手触りになるから驚き。

美容液の『トリートメントセラム』を化粧水の上に重ねる。

お肌の表面を美容成分で満たしているような感じになり、使用時の満足度や期待値が高いと思った。

ちなみに、この商品はブースター効果があるため、他ブランドの化粧水を使うときは、洗顔後、一番最初に使用するのが正しい使用順序だそうだ。

最後は、保湿の仕上げである『トリートメントクリーム』

香りが華やかで、まったくべたつかず、あっという間に肌に馴染んでサラサラになった!

つけた瞬間スッと消えるようにお肌に溶け込んでいくのが心地いい。

寒い時期はクリームを指にとったときに少々固めに感じるが、手のひらでゆっくりと温めるとやわらかくなって扱いやすくなる。

「氷河海藻エキス」配合で、濃密な潤いを肌に密封。皮膚の薄い部分では特にその潤いを感じることができ、まさに総仕上げといっていい高保湿なクリームだった!

 

『matsukiyo ウーマン メソッド トリプル A』シリーズは、お値段以上すぎる保湿力!

朝、とにかく時間がなくて丁寧なスキンケアをする時間がないという場合でも、『matsukiyo ウーマン メソッド トリプル A』シリーズの保湿力なら肌そのものが潤いで元気に見えるというメリットもあり、いつものメイクがきれいに仕上がった気がする。

保湿クリームはお店で手の甲にちょっと塗ってみるだけでその効果を実感できるので、ぜひ一度ためしてみて。

matsukiyo ウーマン メソッド トリプル A』シリーズ(全5種)は、全国のマツモトキヨシ店舗(一部のぞく)や公式通販サイトなどで販売中!

matsukiyo公式サイトでは新商品を中心に、毎月商品をピックアップして情報をお届け!

Instagram@matsukiyo_official

公式サイト

人気爆発のマツキヨオリジナルブランド『matsukiyo W/M AAA ―マツキヨ ウーマンメソッド トリプルエー―』ってどんなスキンケアブランド?