【元記事を音楽ナタリーで読む】

堀澤麻衣子が、昨日1月19日(日)に放送がスタートしたNHK大河ドラマ麒麟がくる」の劇中歌「美濃の里~母なる大地~」でボーカルを担当していることが発表された。

【大きな画像をもっと見る】

麒麟がくる」は、大河ドラマ第29作「太平記」を手がけた池端俊策脚本による作品。大河ドラマとしては初めて明智光秀を主役としたもので、各地の英傑が天下を狙って戦うさまが描かれる。

堀澤は「美濃の里~母なる大地~」で作詞も担当。歌詞には「戦国時代の英傑たちがひとときの安らぎを感じられるように」という思いが込められている。またドラマ本編後に放送される「大河ドラマ紀行」でもテーマ曲を歌唱していることがアナウンスされた。

堀澤麻衣子