美容ローラー「ReFa」をはじめとしたブランドを開発し事業を展開するMTG愛知県名古屋市)は、「睡眠」をテーマにした新ブランドNEWPEACE」を立ち上げた。第一弾の製品として、最先端のテクノロジーによって、睡眠の質を向上させるためのマットレス「NEWPEACE AI Motion Mattress」を2020年2月3日より百貨店を中心に発売する。

20年1月16日、新ブランドの発表会と「NEWPEACE AI Motion Mattress」の体験会を東京・銀座で実施した。

睡眠のリズムをAIが学習、その人に合った動きに

まず、同社代表取締役社長の松下剛氏が新ブランドを説明した。現代では、働き方の多様化などに伴い、生活リズムがずれて正常に睡眠が取れない人が増えていると指摘。そうした現代人の睡眠に関する課題やニーズに「NEWPEACE」は応えていきたいと話した。

「NEWPEACE AI Motion Mattress」の特徴は、動き、温度、AI(人工知能)を掛け合わせ、最先端のテクノロジーによって、同製品の利用者に適した気持ちの良い睡眠を提供する点にある。最大のポイントは、人が眠ってから目覚めるまでの一連のプロセスアプローチし、その人を理想の眠りへ導くプログラム「AIスリーププログラム」だ。

具体的には、人間が心地良い眠りに誘われるように、マットレス自体が動く。これは、赤ちゃんゆりかごの中で眠る姿から着想を得たという。また、マットレスに搭載されたヒーター機能「ヒートナビゲーター」で、背中と足元を温めて、スムーズな入眠と目覚めをもたらす。さらに、センサーが眠りに落ちたタイミングや、「浅い眠り」を指す「レム睡眠」と「深い眠り」を指す「ノンレム睡眠」の周期などを記録する。45日から60日間で睡眠のリズムをAIが学習し、その人に合った動きにしてくれると松下氏は説明した。同製品の開発には、約4年かかったそうだ。

記者が体験、マットの動きと温かさで心地よく

J-CASTトレンドの記者は、約20分間「AIスリーププログラム」を体験した。仰向けになり、付属のタブレットを操作すると、マットレスが動きはじめた。体がふわっと浮き上がるような、不思議な感覚だ。これは「無重力モーション」という「NEWPEACE」独自の動きだと説明された。

数分経つと、マットレスが温かくなってきた。眠りに入る前に体を温めることで、体内の温度が下がり、睡眠が深くなるそうだ。マットの動きと温かさで、あっという間に眠りに落ちそうになった。

同製品にはほかにも「ストレッチモーション」という日中にも使えるストレッチ機能などを搭載しており、睡眠を全面的にサポートしてくれる。

シングルとセミダブルの2種類があり、価格はそれぞれ29万7000円、35万2000円(税込)。分割払いのプランも用意されている。東京・銀座にあるMTGの複合施設「Beauty Connection Ginza」の地下1階では、2月3日から予約制で「NEWPEACE」製品の体験ができる。現在、ブランドサイトから予約を受け付けている。<J-CASTトレンド>

「NEWPEACE AI Motion Mattress」