アメリカ映画編集者協会(ACE)所属会員が選ぶ第70回ACEエディ賞の授賞式が1月17日(現地時間)、米ロサンゼルスで開催された。

フォードvsフェラーリ」「アイリッシュマン」「ジョーカー」などの強敵を抑えて長編映画ドラマ部門に輝いたのは、「パラサイト 半地下の家族」のヤン・ジンモ。同賞を外国語映画が受賞するのは、70年目にして初の快挙。長編映画コメディ部門は、そのジンモと並んでアカデミー賞編集賞にノミネートされている、「ジョジョ・ラビット」のトム・イーグルスが受賞した。

長編アニメーション映画部門は「トイ・ストーリー4」のアクセル・ゲッデス、長編ドキュメンタリー部門(劇場公開作品)は「アポロ11 完全版」のトッド・ダグラスミラーが、それぞれ栄冠を手にした。

テレビカテゴリーでは、「キリング・イヴ Killing Eve」がドラマシリーズ部門(民放)を2年連続で制覇したほか、ドラマシリーズ部門(その他)は、ファンに惜しまれつつ放送終了を迎えた米HBOの大ヒットドラマゲーム・オブ・スローンズ」、コメディシリーズ部門(民放/その他)は「Better Things(原題)」と「Fleabag フリーバッグ」、テレビ映画・ミニシリーズ部門は「チェルノブイリ」が受賞した。

ACEエディ賞は、米俳優組合所属会員が選ぶSAG賞、米製作者組合会員が選ぶPGA賞、米監督協会組合員が選ぶDGA賞と同様、選考委員の多くが映画芸術科学アカデミーの会員を兼任しているため、アカデミー賞の行方を占ううえで重要な賞として知られている。

70年間で初の快挙 (C)2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED