SpaceXNASAは、宇宙飛行士を国際宇宙ステーションISS)に搬送するにあたっての最終段階となる飛行打ち切り(IFA)テストを行った。

打ち上げは、フロリダのNASAケネディ宇宙センターにある打ち上げ施設、39Aから。当初1月18日(東部標準時)を予定していた打ち上げは、悪天候のため24時間延期され1月19日午前10時30分にスタートした。1分半後に意図的なエラーで避難システムが作動。クルードラゴンを切り離し、4本のパラシュートによって運ばれたカプセルは、10時38分に大西洋のフロリダ沖に着水している。

・SpaceXとボーイングが乗組員運搬を担う

2011年スペースシャトルが引退して以来、アメリカISSへの宇宙飛行士の搬送をロシアソユーズに頼ってきた。現在は、NASAコマーシャルクループログラムで、乗組員を宇宙に安全に運ぶための宇宙船開発を託された2社(SpaceXボーイング)が、それぞれ、クルードラゴンおよびCST-100スターライナーの開発を進めている状況だ。

ただIFAテストに関して、これまで計画通りクリアできずにいて、SpaceXクルードラゴンは昨年4月、地上でのエンジンテスト中に爆発によってカプセルが破壊され、調査と改善を余儀なくされた経緯がある。

一方、ボーイングスターライナーに関しても、昨年7月のエンジンテスト中に異常が報告されたほか、軌道への飛行テストではソフトウェアエラーにより計画どおり宇宙ステーションに到達しなかった。

・2020年中の乗組員運搬ミッション開始を目指す

こうしたハードな状況にも関わらず、SpaceXボーイング2020年中の乗組員運搬ミッション開始を目指している。

SpaceXによる今回のテストは、IFAテストの最終的なハードルで、今後綿密なデータレビュークリアすることで、乗組員がクルードラゴンに搭乗する準備がほぼ整う。

このまま順調に進めば、9年のブランクを経て、アメリカは再び自力で宇宙飛行士をISSに搬送できるようになりそうだ。

参照元:NASA, SpaceX Complete Final Major Flight Test of Crew Spacecraft/ NASA