高橋克典が銀行の“雑用係”という異色のヒーローを演じるミステリードラマシリーズ「庶務行員・多加賀主水(たかが・もんど)」。同作の第4弾が、2月16日(日)夜9:00-11:05にテレビ朝日系で放送されることに決定。主演の高橋と“相棒”役を演じる夏菜が、撮影秘話や手ごたえを語った。

【写真を見る】夏菜“香織”の色気たっぷりキャバ嬢姿!

「庶務行員・多加賀主水」は、曲がったことは許さない、忖度とは無縁――そんな熱い正義感ゆえに世界を放浪するハメとなり、ワケあって現在は“庶務行員”として勤務する男、多加賀主水(高橋克典)が、巨悪に対抗する姿を描くミステリー

原作は元銀行マンという経歴を持つ作家・江上剛氏の人気シリーズで、2017年10月2019年2月、11月ドラマスシャルとして放送された。

■ 連続放火事件が発生!狐の面をつけた男=主水が容疑者!?はたして真犯人は!?

第4弾となる本作では、なんと主水がいきなり警察から任意同行を求められる…という衝撃のシーンから幕を開ける。

主水のトレードマークでもある“狐の面”をつけた放火魔が出現!その謎の男により、町の嫌われ者たちの自宅に次々と火が放たれる事件が発生した。

“高田稲荷神社の遣い”を騙る、放火犯の正体とは…!?その背後にうごめいていた、黒い策略とは…!?主水が衝撃の真相を暴き、街の人々の心とお金を救う。

メインゲストに市毛良枝と岡田義徳という演技巧者を迎えたほか、前作で支店長に就任した山内貴恵役・高島礼子をはじめとする、レギュラーメンバーも集結!謎に満ちた事件と心温まる人情を描いた、スリリングな物語が展開していく。

■ 「またこの作品に臨むことができてうれしい!」 高橋克典が“主水”への思いを語る!

2017年放送の第1作より、「毎回、ゼロからスタートする気持ちで、“次回はもっと面白いものを…”と試行錯誤しながら続けてきました」と、“主水”というヒーロー像を模索してきた高橋は、第4弾の実現に「“また、この作品に臨むことができる”“今度はもっとしっかり作品作りをするぞ”という思いがわいて、うれしかったですね」と意欲を燃やしていたことを告白。

視聴者に王道ミステリーを楽しんでもらいたい”という強い思いを本シリーズに込めてきた高橋らしく、「本作では、2時間ドラマファンのみなさんが愛してくださるようなキャラクターをより意識しました。ちょっと“おじさん”っぽく演じてみようと思い(笑)スーツの色をグレーにしたり、髪の毛もおろしたり…。今回、ようやく多加賀主水というキャラクターを完成させることができたと思っています」と、最新作への自信をのぞかせた。

■ 夏菜、「まさに運命です!」 14年前のドラマデビュー作と同じ店でロケ!

そして第1弾から、主人公を手助けする女性行員・生野香織を演じてきた夏菜もまた、「こんなに長期にわたってひとつの役を演じるのは初めて。貴重な体験なので素直にうれしいです」と第4弾のオファーに大喜びだったことを語った。

これまで物語のいわば主水の“相棒役”を担ってきた香織は、本作ではキャバクラ店に潜入捜査するというアクティブな活躍を見せる。

なんとそのロケ先は奇しくも、夏菜が2006年ドラマデビュー作(「ガチバカ!」/TBS)で高橋克典と初共演を果たした際の思い出の店。

「いちばん最初に克典さんと学園ドラマでご一緒したとき、私の役柄が高校生でありながらキャバクラアルバイトをして先生に見つかるという設定だったんです。今回のロケ先が当時と同じお店だったこともあり、思い出が鮮明によみがえりました。まさに“運命”ですね!」と意外な縁を明かした。

■ 炎&水を使ったアクションも!

本作では放火事件だけでなく、“迷惑行為動画のネット拡散”や“ゴミ屋敷”、“パワハラ”“ネグレクト(育児放棄)”など、現代社会を取り巻くさまざまな問題が描かれていく。

さらに、主水が華麗な立ち回りで悪党を退治する殺陣シーンはもちろん、“火災現場からの救出シーン”“放水シーン”など、炎や水を使った迫力満点のアクションも大きなみどころ。

高橋は「イマドキなネタを盛り込みつつ、あくまでエンターテインメントであることを目指して楽しめるよう作っていますので、2時間ドラマファンの方、時代劇ファンの方、そしてミステリー好きな方、みなさん気楽に和みながらご覧いただければと思います」と力強くアピール

夏菜も「今回は“この人、犯人じゃなかったんだ~!”という思わぬ展開があって、これまででいちばん見ごたえがあります。火や水を使ったアクションカット割りにもこだわっていて、めちゃくちゃ面白くなるんじゃないかなと期待しているので、みなさんにもまたひとひねり加わった“多加賀主水”を楽しみにしていただけたら…」と手ごたえを語っている。

高橋克典&夏菜が太鼓判を押す、痛快エンターテインメント「庶務行員・多加賀主水4」は2月16日(日)放送。

■ 高橋克典(多加賀主水役)コメント

――第4弾の実現を聞いたときの心境は?

1作目のときから江上剛さんの骨太な原作を2時間のエンターテインメントドラマに落とし込む作業には、とても苦労してきました。

毎回、ゼロからスタートする気持ちで、“次回はもっと面白いものを…”と試行錯誤しながら続けてきたんです。

第3弾は「世界野球プレミア12」の中継が延長し、オンエア時間が遅くなってしまったにもかかわらず、おかげさまで大好評。

だから第4弾の制作決定を聞いたときは、“また、この作品に臨むことができる”“今度はもっとしっかり作品作りをするぞ”という思いがわいて、うれしかったですね。

――第4弾で“進化”を遂げたところは?

このシリーズは、“往年の2時間ドラマを再現しよう”というコンセプトで挑んできました。

僕の役名も“主水”だけに、故・藤田まことさんの演じられた「必殺仕事人」の中村主水の茫洋とした感じといいますか、本作では2時間ドラマファンのみなさんが愛してくださるようなキャラクターをより意識しました。

ちょっと“おじさん”っぽく演じてみようと思い(笑)スーツの色をグレーにしたり、髪の毛もおろしたり…。

今回、ようやく多加賀主水というキャラクターを完成させることができたと思っています。

夏菜さん演じる香織も、個性が際立ってきました!

やっぱり夏菜さんは明るいので、アクティブに動いてもらうのが面白い。最新作では主水と香織、このメイン2人のキャラを具体的に形づくることができたのが収穫でした。

――毎回、アクションシーンが大きなみどころですが、本作ではどんなアクションを?

原作には時代劇でいうところの“チャンバラシーン”が描かれていますが、さすがに今の時代、受け入れられないかな…と思って第1作ではやりませんでした。でも第2作を撮影しているうちに、やっぱり最後にアクションがないと作品が締まらない、という話が持ち上がり、ちょっと無理やりな設定かもしれませんが、エンターテインメントとして立ち回りシーンを加えてみたところ、誰からも苦情が来なかったどころか、逆に“すごくよかった!”という反響をいただいて…それ以降、頑張っています(笑)。連続放火事件が起きる今回は、放水シーンや、炎の中から“ある人物”を救出するシーンにも挑んでいます!

――視聴者のみなさまにメッセージをお願いいたします!

イマドキなネタを盛り込みつつ、あくまでエンターテインメントであることを目指して楽しめるよう作っていますので、2時間ドラマファンの方、時代劇ファンの方、そしてミステリー好きな方、みなさん気楽に和みながらご覧いただければと思います。

僕がテレビ朝日系で主演させていただいた「広域警察」(2010~2017年)という2時間ドラマは全9作でしたので、この「庶務行員・多加賀主水」シリーズなんとか10本まで続けていきたいですね!

■ 夏菜(生野香織役)コメント

――第4弾の実現を聞いたときの心境は?

2017年から香織を演じていますが、こんなに長期にわたってひとつの役を演じるのは初めて。貴重な体験なので、素直にうれしいです。

私はこの第4弾がいちばん面白いと思います!それぞれのキャラが立っていて、演じていてもとても楽しかったですね。

――第4弾で印象に残っているシーンは?

やっぱり、キャバクラ店潜入シーンです!香織は銀行員なのですが、今回は変装してキャバクラに潜入するんです。

第1作ではわりと香織もアクティブに動いていたので、私としては軌道に戻ったようなイメージですが、第2~3作ではあまり見られなかった活躍ぶりですね(笑)

実は、いちばん最初に克典さんと学園ドラマでご一緒したとき、私の役柄が高校生でありながらキャバクラアルバイトをして先生に見つかるという設定だったんです。もう14年前なのですが、今回のロケ先が当時と同じお店だったこともあり、思い出が鮮明によみがえりました。初めてのドラマだったので特に印象深くて、お店の中もあちこち覚えていたし、懐かしい気持ちでした。まさに“運命”ですね! 

――視聴者のみなさまにメッセージをお願いいたします!

今回は“この人、犯人じゃなかったんだ~!”という思わぬ展開があって、これまででいちばん見ごたえがあります。火や水を使ったアクションカット割りにもこだわっていて、私としては第4作がいちばん凝って撮影した印象です。めちゃくちゃ面白くなるんじゃないかなと期待しているので、みなさんにもまたひとひねり加わった“多加賀主水”を楽しみにしていただけたらと思います。そしてもちろん、このシリーズには克典さんのアクションがなくちゃ…!ぜひ克典さんには10作までずーっとアクションを続けていただきたいです!

■ 気になるあらすじは?

多加賀主水(高橋克典)は、『第七明和銀行 高田通り支店』の庶務行員。悪事を見逃すことができない性格のため、不正を追及しては職を転々としてきたが、ひょんなことから庶務行員として働きはじめ、いまや町の人気者となっていた。

ある日、主水は窓口にやって来た元教師の女性・大沢勝子(市毛良枝)が“振り込め詐欺”にだまされそうになっていたところを食い止める。安堵したのもつかの間、昔なじみの刑事・梅沢剛(加藤雅也)が現れ、任意同行を求められて驚く。

梅沢によると、昨夜10時すぎに放火事件が発生。被害に遭った住人の壱岐隆(ダンディ坂野)が、“犯人は狐の面をつけた男だった”と証言したというのだ。現場には「高田稲荷が天誅を下す!」という謎の貼り紙が残されていたほか、第七明和銀行のマスコットキャラクタータオルも残されていた。壱岐は道行く人に因縁をつけて相手を怒らせては動画を撮影し、ネットで晒すのが趣味のトラブルメーカーで、主水も町内会長に頼まれて注意を試みて嘲笑された経験があった。被害者への恨みもあり、“狐の面”といえば…ということで主水が事情聴取に呼ばれたのだが、事件発生当時のアリバイもあり、もちろんすぐに疑いは晴れる。

町の人々の不安を解くため、主水や事務課の生野香織(夏菜)たちは消防団の面々と協力し、火の用心の夜回りをはじめるが――その矢先、また放火事件が発生! 町内でも“ゴミ屋敷”として有名な八雲新次郎(槙尾ユウスケ)の家に、同じく狐の面をつけた男が現れて火を放ったのだ。

火の手が上がる直前、同じ高田通り支店の営業課員・吉瀬紘一(岡田義徳)が、八雲に対し「今に天罰が下るぞ」と言い捨てる姿を見かけていた主水は、彼に疑惑を抱く。吉瀬はパワハラ上司のターゲットにされていた挙句、最重要ランクの取引先である建設会社社長・五大正信(小木茂光)から融資の圧力をかけられ、鬱屈した思いを抱えている様子だった…。

そんな中、主水は勝子の自宅の前で、寂しげにたたずむ小学生男の子・新藤光一(盛永晶月)を見かける。勝子は学習支援のボランティアサークルに自宅を開放していたが…。(ザテレビジョン

「庶務行員・多加賀主水」第4弾より (C)テレビ朝日