前節はマンチェスター・シティレスター・シティチェルシーら上位陣の取りこぼしが目立った一方で、首位のリバプールは本拠地アンフィールドでユナイテッドを一蹴し独走態勢に拍車をかけた。

それから中2~3日で行われる第24節では、ともに勝ち点を落としたチェルシーアーセナルが激突。昨年末にあった第20節ではアウェイチェルシーが後半の2得点で勝利している。1カ月も経たない内に相まみえる今回は、ホームを入れ替えてスタンフォードブリッジプレミアリーグ5度目のダブルを狙うチェルシーアーセナルを迎え撃つ。

チェルシー(勝ち点39)は前節にニューカッスルに終了間際の1点に泣き、リーグ戦4試合ぶりの黒星を喫した。また、この試合で右サイドバックのR・ジェームズが負傷した為、ダービーも欠場の可能性が高い。一方でマルコス・アロンソが復帰予定だ。

シェフィールド・ユナイテッドと引き分け、2戦ドローとなっているアーセナル(勝ち点29)は、長期離脱のソクラティスやティアニー、チャンバースに加え、最近はコラシナツやネルソンがケガで欠場が続いている。また、第22節のクリスタル・パレス戦で一発退場となったオーバメヤンには3試合の出場停止処分が下され、チェルシー戦はその2試合目となる。

ユナテッドを破り、サポーターも優勝を確信するチャントを高らかに歌ったリバプール(勝ち点64)は強敵ウォルバーハンプトンと対戦。現在6位のウルブズは、前節はサウサンプトン相手に2点差から逆転勝利。リバプールとの前回の対戦も、アウェイながら1点差の惜敗だった。それでもリバプール有利は固く、日程も考慮すると南野拓実プレミアリーグデビューする可能性は今までで最も高い。

一方、クリスタル・パレスに不覚を取ったシティ(勝ち点48)の相手はこちらも強敵シェフィールド・ユナイテッド。前回対戦ではホームで快勝しているものの、昇格組ながら7位と健闘している侮れない相手だ。だが、ここ7試合はシティの4勝3分け無敗。また、ここまでアウェイでは11試合で33ゴールという記録は、イングランド1部リーグにおいて、史上2番目に大きい数字なのだという。

その他、3位のレスター(勝ち点45)はウェストハム、5位のユナイテッド(勝ち点34)はバーンリー、8位のトッテナム(勝ち点31)はノリッジと、比較的楽な相手となる。しかし、いずれのチームも前節は勝ち点を落としており、気を引き締めなおす必要がある。

プレミアリーグ第24節
▽1/21(火)
《28:30》
アストン・ビラ vs ワトフォード
シェフィールド・ユナイテッド vs マンチェスター・シティ
エバートン vs ニューカッスル
ボーンマス vs ブライトン
クリスタル・パレス vs サウサンプトン
《29:15》
チェルシー vs アーセナル

▽01/22(水)
《28:30》
レスター・シティ vs ウェストハム
トッテナム vs ノリッジ
《29:15》
マンチェスター・ユナイテッド vs バーンリー

▽01/23(木)
《29:00
ウォルバーハンプトン vs リバプール

サムネイル画像