Netflixが、日本、アメリカカナダを除いた世界約190の国と地域でのスタジオジブリ21作品の配信権利を獲得した。2月から配信開始される。

スタジオジブリプロデューサー鈴木敏夫氏は、「いまの時代は、映画を観客に届ける様々な手段があります。我々はファンの声に耳を傾け、我々の作品をストリーミングするという決断を下しました。これを機に、世界中の方々がスタジオジブリの世界を発見してくださることを期待しています」と声明を発表した。

一方、Netflixオリジナルアニメ部門のディレクターであるアラム・ヤコービアン氏は、「今回の契約で、Netflixと数百万人の会員の夢がかなったような思いです。スタジオジブリアニメーション映画は伝説的であり、35年以上にわたり世界中のファンを魅了してきました。この素晴らしいアニメーションの世界を、南米、ヨーロッパアフリカアジアで、たくさんの言語でお届けできることを楽しみにしています」とコメントしている。

なお、2019年10月には、米ワーナーメディアの新ストリーミングサービス「HBO Max」がアメリカでのスタジオジブリと独占配信契約を締結している。

各作品の配信開始日は以下の通り。

2月1日
天空の城ラピュタ」(1986)
となりのトトロ」(1988
魔女の宅急便」(1989)
おもひでぽろぽろ」(1991)
紅の豚」(1992)
海がきこえる」(1993)
ゲド戦記」(2006)

3月1日
風の谷のナウシカ」(1984
もののけ姫」(1997)
「ホーホケキョ となりの山田くん」(1999
千と千尋の神隠し」(2001
猫の恩返し」(2002)
借りぐらしのアリエッティ」(2010)
かぐや姫の物語」(2013)

4月1日
平成狸合戦ぽんぽこ」(1994)
耳をすませば」(1995)
ハウルの動く城」(2004)
崖の上のポニョ」(2008
コクリコ坂から」(2011)
風立ちぬ」(2013)
思い出のマーニー」(2014)

「魔女の宅急便」 (C)1989 角野栄子・二馬力・GN