dropped26


 ぽっちゃりボディとうっかりものの性格でマランダーでもファンが少なくない生き物といえば、アライグマ

 今回もアライグマが何かをしでかして、海外掲示板Redditで話題を呼んでいたようだ。

 


 庭にある池でコイが泳いでいる…あら風流ね~と思いきや、何かちゃう。コイちゃう。なぜか2匹のアライグマが池でコイごっこしていたのである。

 池といえばコイ、コイといえば優雅に池を彩るお魚…
dropped27


 しかしクローズアップするとそこには2匹のアライグマ
dropped28

 アライグマというくらいだから自分たちのボディを洗いたくなっちゃったのかもしれないし、池で泳ぐお魚に憧れてついつい仲間入りしちゃったのかもしれない。この風変わりな光景にReddit民の反応は…?

1000ドル相当のごちそう、コイを食べた後なのか…?

・昔家の庭に池があってそこに魚を放った翌日、そこには頭と背骨だけが残されていた
 →・うちでも似たようなことあった。しかも犯人はアライグマだったんだよな~

・ゴミパンダ
 →ゴミパンダという響きは「アライグマ」よりもしっくりくる気がしてならない

・これさぁ、絶対魚食べた後で泳いでただけでしょ

・コイじゃない、2匹のアライグマだ。

アライグマなら二晩あればコイのいる池を壊滅させちゃうね

・うちの庭にもアライグマ池があったら最高なのにな~
 →・ゴミを漁っていたらいつか手に入るかもよ

・世界でもっともふわふわのコイだな…!

・コイよ、安らかに。

・変わった魚でいいねえ

・伝説のアライコイか。ついに目撃した

など、コイの安否とアライグマを愛でる人々の声が多数上がっていたよ。アライグマ、池侵入問題は世界各地で多発しているみたいだ。

written by kokarimushi

※この記事はカラパイアの姉妹サイトマランダーから転送したものです。マランダーで前日一番人気の高かった記事を、後日カラパイアの紙面上で紹介しています。

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52286929.html
 

こちらもオススメ!

―動物・鳥類についての記事―

犬だって寒かろう。靴と一体化して脚全体を覆う「犬用レギンス」が誕生していた(アメリカ)
世界珍百景。鳥2羽にリードを付けて散歩させる男性が目撃される(アメリカ)
尻尾ふりふり、お腹丸出し。撫でて撫でてと甘えてくる人懐っこいキツネたち(アメリカ)
効いてる効いてる!ウサギを起こすために野菜魔法陣を敷いてみた
10分が限界!ヘアカットに耐えられなかった犬の姿をごらんください(アメリカ)

―画像の紹介記事―

冷戦時代のソ連の市民の日常をバービーとケンの人形で再現したロシアの写真家
10分が限界!ヘアカットに耐えられなかった犬の姿をごらんください(アメリカ)
郵便局の前にいた犬はとても大きなジャケットを着ていた。それにはこんな暖かい事情があった(アメリカ)
海面から突き出た巨大な赤い角。「悪魔の角」と呼ばれる気象現象が確認される(カタール)
「今日猫を飼うことにしたら、こういう肉球だった!」Reddit民、肉球マシマシの猫に大喜び
鯉が泳いでいると思ったら!アライグマ、おまえらかーい!アライグマ、池で風流に泳ぐ