中国では旧暦の12月に入ると、春節旧正月、今年は1月25日)ムードがますます高まってくる。そして、春節の1週間前となる旧暦12月23日になると、中国各地はほぼ「春節カウントダウンモードに入り、人々は地元の風習に基づいて、春節の準備を始め、忙しくなっていく。人民網ではそんな春節までの中国の年越しに関する風習を紹介していく。
中国の伝統文化では、新年が明けてから数日は火を使って食事を作ってはいけなかった。そのため、旧暦12月29日に、たくさんの饅頭(中国式蒸しパン)を作って春節に備えた。饅頭をうまく「蒸す」ことができると、新年もその「蒸気」のように、上に向かって発展できるという願いも込められている。(提供/人民網日本語版)

中国の伝統文化では、新年が明けてから数日は火を使って食事を作ってはいけなかった。そのため、旧暦12月29日に、たくさんの饅頭を作って春節に備えた。