モデルのKoki,が21日、都内で行われた「日本ジュエリー ベストレッサー賞 表彰式」に出席。スタイリッシュパンツスタイルで登場すると「自分が素敵だと思うジュエリーにふさわしい女性になれるように頑張っていきたい」と意気込みを語った。

【写真】Koki,、有村架純、木村文乃らが美の競演! 男性部門は、田中圭が受賞

 日本ジュエリーベストレッサー賞は、過去1年間を通して“最も輝いている人、宝石が似合う人”を世代別、男性部門、特別賞に分けて表彰するもの。31回目となる今回は、Koki,のほか、有村架純木村文乃、藤原紀香、松下由樹、原田美枝子、田中圭、浅田真央高橋英樹が出席した。

 10代部門を受賞したKoki,。胸元がV字に大きく開いたパンツスタイルの衣装に身を包み、壇上でトロフィーを受け取るとニッコリとほほ笑んだ。

 Koki,は「ブルガリアンバサダーも務めさせていただいているので、このような賞をいただけることは大変光栄に思います」とコメント。続けて「自分が素敵だと思うジュエリーにふさわしい女性になれるように、これからも頑張っていきたいと思います」と深く頭を下げた。

 また、黒と赤のコントラストが華やかなドレス姿を披露した有村は、20代部門を受賞。「私は幼く見られがちなので、ジュエリーというものはとてもハードルが高いように感じる」と打ち明けたうえで、「考えてみるともう27歳になるので、しっかりとジュエリーの似合う女性にならなければいけないと、少し焦りを感じました。しっかり自分磨きをして、今日頂いたジュエリーを身に着けられるように頑張りたいと思います」とやや緊張した面持ちで宣言した。

 30代部門の木村は、美しいグリーンドレス姿で登場。「プレゼントしてくださった皆さまのところにごあいさつに行かせていただいてお話をお聞きしたら、ジュエリーってとても素敵なエレルギーを持っているものなんだなと実感できました。みなさんが『30代すごい楽しいよ』っておっしゃってくださるので、これから駆け抜けていくためのすごく素敵なパワーをいただいたなと思いました」と喜びを語った。

 さらに、男性部門を受賞した田中は「今日一日、いろんなみなさんが『写真を撮りましょう』と撮ってくれて、その度に『誰々さんです』とおっしゃってくれるんですけれども覚えられず、僕が覚えてるのは、とにかく“なにかのトップ”という。とにかく『偉いすごい人たちと僕は今ご飯を食べてるんだ』ということを持って帰ろうと思います」とユニークな感想で笑いを誘っていた。

受賞者一覧は以下の通り。

■10代部門:Koki,
20代部門:有村架純
■30代部門:木村文乃
■40代部門:藤原紀香
■50代部門:松下由樹
■60代以上部門:原田美枝子
■男性部門:田中圭
■特別賞(女性):浅田真央
■特別賞(男性):高橋英樹

Koki,、有村架純ら、肩だしドレス姿で輝く美しさ  クランクイン!