●性格や内面がとても反映された一枚に

2017年に実施された「次世代声優☆ミラクルオーディション」 で特別賞を受賞、その後、2018年4月より放送がスタートした TVアニメアイカツフレンズ!』の日向エマ役で声優デビューを果たした二ノ宮ゆい。そんな彼女が「ニノミヤユイ」名義でデビューアルバム『愛とか感情』を引っ提げ、ランティスレーベルよりアーティストデビューした。

今回はそんなニノミヤユイにインタビューを敢行。欅坂46の「サイレントマジョリティー」などでおなじみのバグベアをはじめ、カノエラナ、佐伯youthK、新羅慎二(湘南乃風:若旦那)、佐藤純一(fhána)といった気鋭のクリエイター陣が参加する本アルバムの聴きどころに加えて、「陰キャ」だという自身の性格や音楽遍歴などパーソナルなことについても話を聞いた。
○●声優に興味を持ったきっかけは『響け!ユーフォニアム

――まず、二ノ宮さんは「次世代声優☆ミラクルオーディション」で特別賞を受賞され、その後声優としての道を歩んでいったかと思います。そもそも、声優を目指そうと思ったきっかけは?

小さいころはあまりアニメを観る人じゃなかったのですが、中学生になってからハマり始めて。色々な作品を観ていたのですが、中でも吹奏楽部に所属していたということもあって、『響け!ユーフォニアム』にとても惹かれました。「分かる」と共感できるところ、逆にこんな青春もいいなと憧れちゃう部分、とにかく、すごく感情が揺れ動くアニメだと感じました。その理由って、内容はもちろんですが、役者さんのお芝居も素敵だったからだと思ったんです。そこから「声優」という職業に興味を持ち始めました。

――『響け!ユーフォニアム』を観たことで「声優」という仕事に興味が出た。

はい。それから、仕事の内容や色々な声優さんの活動を調べ始めて、TVアニメだけじゃなくて舞台でお芝居をすることもあるし、アーティスト活動されている方もいることを知りました。私は歌も大好きで、お芝居にも興味があったので、これは理想の職業なんじゃないかなと思ったんです。ただ、中学生の段階ではまだ「なれたらいいな」くらいの気持ちでしかありませんでした。

――実際に行動しようと思ったのは。

高校に入ってからも吹奏楽部を続けていたのですが、途中でやめちゃったんです。ただ、それまで吹奏楽しかやってこなかったので、次に熱中する何かを見つけないと、と焦っちゃって。そんなとき思い浮かんだのが「声優」。経験はありませんでしたが、「とりあえずやってみるしかない!」と思い立ち、オーディションに応募しました。

――行動がはやいですね!

一度心に決めたら、行動するのは、はやいほうだと思います。

――そして、2018年に『アイカツフレンズ!』の日向エマ役で声優デビューすることとなる。この作品ではエマとして歌われていましたね。

私、『ラブライブ!』も好きで、演者さんとキャラクターリンクするのが、夢のようだなと思っていたんです。だから、私もキャラクターリンクできるのがすごく嬉しくて。ひたすら嬉しかったんです。でも、これまでの『アイカツ!シリーズって、演者とは別に歌唱を担当される方がいらっしゃった。『アイカツフレンズ!』から演者が歌うことに切り替わったので、こんなド素人の私が大丈夫なのか、という不安や心配も大きかったです。でも……だからこそ、最初から皆さんに認めてもらえるよう必死に努力しました。

――実際に作品を応援している方々の前で歌われたこともあったかと思います。

私自身は落ち着きめの声で性格も“陰キャ”なのですが、エマでいるときはポップアイドルを感じていただけるようなダンスと歌にする!ということを常に意識しました。応援してくださる方々からはありがたいことに、「歌がお上手ですね」「歌声、好きです」と言っていただくことが多くて。それがすごく嬉しかったです。

――『アイカツフレンズ!』では色々な先輩方とも歌う機会がありましたね。

みなさん輝いていました。「Love Me Tear(ラブミーティア)」の田所あずささん、大橋彩香さんはソロアーティストとしても活動されているので、生で聞いたときの迫力や安定感が違うなと思いました。もう、「すごいな」という言葉しか出てこないくらい圧倒されて。どうすればそうなれるんだろうと懸命に考えました。

――ご本人アドバイスをもらったことは?

いや! 恥ずかしくて……。すぐ緊張しちゃってなかなか先輩方とも話せなくて……。

――おふたりともレーベルの先輩でもあるので、これからそういう機会を作ることもできると思います。

そうですね……!
○●ネガティブだけど、心の底では目立ちたいと思っている

――これまで声優活動のことを中心にうかがってきましたが、続いてはアーティストニノミヤユイ」について。まずは、デビューするまでの経緯について教えてください。

普通高校生だった私が、2017年の「次世代声優☆ミラクルオーディション」を経て、2018年に声優デビュー、それから1年ぐらい経ったタイミングで「来年アーティストデビューします!」と言われたんです。もう本当に驚きましたし、「私で大丈夫かな」という不安もありました。最初は途轍もなくプレッシャーを感じていたんですけども、元々歌うことが好きだったので、徐々に喜びを感じるようになりました。

――先ほども歌が好きとおっしゃっていましたが、最初からアーティスト活動もしたかった?

歌うことが本当に好きなので、歌には関わっていきたかったんです。だから『アイカツフレンズ!』で歌えたのも幸せでしたが、まさかのソロアーティストとしてデビュー。夢のようなお話で信じられなかったです。

――これまでのお話からも「歌」や「音楽」への熱を感じていますが、いつ頃から音楽に目覚めたのでしょうか?

そもそも両親が吹奏楽をやっていたので、小さいころからクラシック吹奏楽の曲が家で常に流れている環境で育ったんです。演奏会にもよく行っていたので、日常のなかに音楽がありました。小学生の頃にはフルートを始めて、今も続けています。

――憧れのアーティストはいますか?

さユりさんやLiSAさん、あとはライブ映像を見て衝撃を受けたのはミオヤマザキさんです。歌詞が刺激的で、音楽自体はもちろんですがライブの演出もカッコいい。ガンと盛り上げられるパフォーマンスに憧れました。

――ご自身としても、そういうパフォーマンスをやっていきたい?

そうですね。あれくらい会場全体を巻き込んで盛り上がれたら楽しいと思うので、盛り上げ方もこれから勉強しなきゃと思います。

――好きな音楽のジャンルは?

育った環境もあるので、クラシックブラスバンドが好きでした。ただ、小学校の高学年くらいからボーカロイドの楽曲、中でもテンポが速い曲やちょっと暗めなロック系の楽曲に惹かれるようになりました。最近は欅坂46さんの曲もよく聴きます。こういったところが私の音楽のルーツですね。やりたい音楽って何だろうって考えたときも、「暗いもの」、「心の内側を表現するようなもの」だと思ったんです。アルバムではまさにそれが表現できました。

――今回のアルバムにはニノミヤさんのパーソナルな部分が反映されている?

そうですね。アルバム制作時にはクリエイターの方々全員と直接お話をさせていただきました。私のパーソナルな部分や考え方を聞いていただいたうえで各楽曲を作っていただいています。だから、私の性格や内面がとても反映された一枚に仕上がっていると思いますね。

――ご自身としてはどういう性格だと思っていますか? 先ほど“陰キャ”という言葉もチラッと出てきましたが……。

ずばり、ネガティブですね。それゆえに人に嫌われたくないし、人にどういう風に思われているのか気にしちゃって。そういうのを自分のなかでうまく処理していくうちに、逆に「こうやっていれば他人と話さなくていいだ」と、ちょっと強がっちゃう自分が出てきちゃって。性格としては結構尖っていると思います。

――私も人の評価や目を気にする人間です。中学・高校生の頃はそういうのを考えるのが嫌になって「他人と関わらなくていいようにするのは」って考えていましたね。

そうなんですね! 私と似ているかも。

――でも、前に出たがりなところもあって。

いや、そうなんです! 私も本当にそれで! 心の底では目立ちたいと思っているし、人に認めてもらいたいって思っているんですけども、自分の弱い部分が出ちゃってなかなか一歩を踏み出せなくて。葛藤してばかりなんです。

――それはいまも?

そうですね。人前で歌うのは好きだけど、でも、あんまり顔出しはしたくないし……とよくわかんない感じなんです。こういう自分の性格を改善したいとも思っています。でも、今回のアルバムを制作していくなかで自分と向き合ってみると、ネガティブな部分や、すぐに悪いことを考えるところは治らないだろうとも思いました(笑)

――治らないからこその魅力もあるかと思います! しかし、アルバムに収録されている曲は、本当に尖った楽曲やダークな歌詞のものが多いですよね。

ここまで出していいのか、というくらいに私をさらけ出しています。正直、こんなのでいいのかとも思ったのですが、それを音楽として発信できるのは嬉しくもあって。色々な方に聞いて欲しいですね。

●きっちりハマりすぎないのが“らしさ”
○●自分の弱さを再確認して苦しかった

――デビューに関して、色々とお話しいただきありがとうございました。続いて、実際にアルバム制作をしていく工程について教えてください。

まずは私の好きな音楽性や好きなアーティストスタッフさんがリサーチしてくださいました。時間をかけて何度も打ち合わせをしていくなかで、私が欅坂46さんを好きということで、表題曲にバグベアさんを起用してくださることが決まって。もう感謝しかなかったです。実際にレコーディングが始まってからは立て続けに10曲を収録していきました。最後のほうは1週間に1度はレコーディングしていたんじゃないかな。制作時には自分の弱さや足りていない部分を再確認して苦しさを感じることもありましたが、全曲終えたときに「いいものができた」と自信を持って言えたんです。アルバム制作の過程も、私にとってかけがえのない経験と時間になりました。

――実際にアルバムに収録されている1曲、1曲についてお伺いします。まずは表題曲でもある「愛とか感情」。こちらのレコーディングいかがでしたか?

ソロアーティストとして初レコーディングだったので、とても緊張しました。また、これまで歌ってきたキャラクターソングと違って「ニノミヤユイ」としてダイレクトに気持ちをぶつけることや、自分らしい歌声を追求するのが難しかったです。

――歌が好きだったとはいえ、そういうことを考えながら歌うことはあまりないですよね。

そうなんです。カラオケも好きなのですが、そのときは「歌えたら満足!」って感じなので、自分の歌声についてあまり深く考えたことはなかったです。レコーディングもまずは自分が出したい歌声の研究から始まりました。

――その研究の成果としてはどういう方向性に落ち着きましたか?

目指したい方向性としてはさユりさんのような、声を聴いただけで切なくなる、胸を締め付けられるような歌い方でした。そのイメージもありながら、自分の声を録音しつつ、どういう歌声がしっくりくるのか見つけていきました。そこからは、曲によってどういう声で歌い分けていくべきか、さらに研究していき……という感じですね。最終的な方向性としては、さユりさんをリスペクトしつつの自己流になったかなと思います。

――制作を担当されたバグベアさんからは歌声について何か言われましたか?

レコーディングのとき「素敵です」と言っていただけました。バグベアさんの楽曲に対する解釈と私の歌声が合致したように感じられて、嬉しかったです。

――レコーディングスムーズに進んだ?

最初なので、たくさん試しながら何度も録ったのですが、そこまで大きく苦戦することはなかったです。

――バグベアさんとは楽曲について、どういうお話をされましたか?

最初にお会いする段階で元となる音源が出来上がっていたんです。その時点でもう素敵だったのですが、ピアノが立っている曲が好きとお話しさせていただいたら、その意図を汲んでくださって! この曲のピアノメロディーカッコいいですよね。バグベアさんのおかげで、いいスタートダッシュを切ることができました。

――続いて2曲目は「ヤミノニヲイ」。こちらのレコーディングいかがでしたか?

作詞・作曲をしていただいたカノエさんが親しみやすい空気を醸しだしていらっしゃって、お姉ちゃんみたいでした。しかも、ちょっと似ている部分がある……と言ったら失礼かもしれないですが、そう感じるくらいに私の内面をズバッと言い当てられている歌詞を書いてくださったんです。だから、スッと私の中にしみこんできました。ジャズっぽい曲調も好きなので、歌いやすかったです。

――この曲はタイトルも気になりました。

そうなんです。アナグラム……になるようでならない。

――やっぱりならないんですね(笑)

はい(笑)。このタイトルもカノエさんが付けてくださったのですが、並べ替えたらニノミヤユイ……じゃないなみたいな、ちょっとずれているところがいいのかなと思っています。そこがきっちりハマりすぎないのが“らしさ”だと解釈しました。

――続く3曲目「Lemon Gelato」。こちらはどのような楽曲に仕上がっていますか?

これは今回のアルバムのなかで唯一、アイドルとまではいかなくとも、女の子らしい歌になっている気がします。だから、ちょっとアイドル的な気分と言いますか、可愛らしさを出すというのが私のなかでの目標でした。私のなかにある「ちょっとは女の子らしく見られたい」という願望も詰めこんでいます。

――他の楽曲と比べて歌い方も可愛く感じました。

ありがとうございます!

――実際に歌ってみていかがでしたか?

すごく幸せな気持ちになります。他の曲はロック調でまくし立てるものが多く、歌詞も胸を締め付けられるものが多いので、アルバムのなかでもいい意味で浮いた曲になったんじゃないかな。

――アクセントになっている一曲なんですね。続く4曲目「乱反射↘↑↗」はニノミヤさんとバグベアさんが共同で作詞された曲です。

私が普段思っていることを書き連ねた歌詞の原案みたいなものをバグベアさんにお渡しして、そこから整えていただきました。私の思っていることをそのまま綺麗な言葉にしてくださったので、仕上がりをみたときに「これ、私だな」と思いました。Dメロは綺麗で切ない感じがして、自分で聞いていても泣けます。

――"とっくに美少女でもリア充でもないことぐらい分かってる"。なかなか尖っている歌詞ですね……!

私の原案でも"もっと可愛く生まれたかったし、リア充にもなりたかった"みたいな感じで書いた部分です。曲全体を通して偽りない私が出ていると思います。

――対する5曲目「私だけの、革命。」はご自身のみで作詞された曲です。

ひとりで作詞するのは初めてだったので、色々な人からアドバイスをいただきました。アルバム制作全体を通じて自分自身を再確認する時間が多かったのですが、この曲を作っているときは特に深く自分と向き合っていましたね。

――どういうときに歌詞のイメージが湧いてきましたか?

私、夜になると気分が沈んでよりネガティブになるんです。でも、そういうときの方が創作活動が捗って。詞を考えるときは、部屋を真っ暗にして電球ひとつだけを点けて、ひたすらノートに言葉を書いていきました。曲自体も難しかったので、苦しみながら作りましたね。それでも、初めて作詞した曲なので、ちゃんと自分が関わって完成したんだなという気持ちも強く、出来上がったときの達成感が一番あった曲です。

――先に曲をいただいてから作詞がスタートしたんですね。

そうですね。佐藤純一さんの楽曲はデモの時点で素敵だったんですけども、早くまくし立てるところが多かったので、言葉を当てはめるのが難しくて。自分の伝えたいことを言葉として当てはめることに悩みました。

――タイトルニノミヤさんが付けた?

これは佐藤純一さんが提案してくださいました。この曲の最後がその言葉で終わっているんですが、そこが印象に残ったとおっしゃっていただいたんです。「私のなかに弱くて踏み出せない自分がいるけど、それでも前に進んでいく」という自分のなかの“革命”を言葉と歌にぶつけた曲なので、すごくマッチしていると感じました。

――革命という言葉自体は好き?

今まで叶えられなかったものを変えることができるという意味では、好きかもしれないです。ずっと誰かと同じでは意味ないと思うので。何かを変えられるような人になりたいっていうのは自分の理想でもありますね。

●色々なジャンルを歌いながらカッコいい女性を目指していきたい
○●「声優」と「アーティスト」どちらも本業

――6曲目は「呪いを背負って生きたいよ。」。“呪い”とはまた不穏な言葉がタイトルになっていますね。

この曲は最後にレコーディングした曲でした。それまで収録した曲とはちょっと違った雰囲気で、歌詞も不思議なんです。とりとめのないようで気持ちが伝わってくる、主人公が背負っている切実さが伝わってくる曲だと感じました。「呪いを背負っていきたいよ。」というタイトルは、生きていくうえで背負わないといけない大変なこと、逃れられないことを表現していると思います。そういう生きづらさや切実さみたいなものを出せたらいいなと思いながら歌いました。

――7曲目「わたしを離さないで」。こちらの楽曲を聴いたときはどう感じましたか?

この曲はDOESの氏原ワタルさんにご提供いただいたのですが、まずはそれが信じられなくて! すごく素敵な仕上がりになるんだろうなと思っていたら、期待以上でした。また、こういうバキバキのロックを歌いたかったので、テンションが上がりましたね。曲自体が好きだったのでスッと自分の中に音楽が入っていきました。

――氏原さんとはどういうお話をされましたか?

自己紹介をさせていただき、ネガティブな内面のことを中心にお話しました。私の内面を反映いただいたので、根底の部分から同意できる歌詞になっています。気持ち的にも歌いやすかったですね。

――8曲目は「安心to the 安全」。

ネガティブだからこそ安心で安全に生きたいという私の気持ちを佐伯youthKさんにお伝えして、それを楽曲にしていただきました。この曲はノリノリな曲調なのに、歌詞はわりと暗い。こういう楽曲も好きです。

――「欠点だらけ!」など、所々で「!」が歌詞に使われているのが印象的です。

自分のすべてを認めて、“陰キャ”が開き直ったって感じを歌にしたらこうなりました(笑)

――9曲目「光なくても」。こちらも佐藤純一さんの楽曲で、ニノミヤさんと佐藤さんが共同で作詞されていますね。

「私だけの、革命。」でわりと強い部分を出したので、こちらは逆に弱さを前面に出しました。この曲も歌詞を書いていくのが辛かったですね。自分の弱いところを認めながら歌詞にしなきゃいけなかったので、勇気が必要だったんです。

――歌詞が思い浮かばない、ということよりも弱い部分を見つめないといけないのが辛かった。

そうですね。改めて言葉にすると自分ってまだまだ弱いんだなと余計に感じちゃうんです。そんな中でも何とか進んでいこうという期待や希望を込めて、歌詞を書いていきました。辛いことや悲しいことがあっても、この曲を聴いてちょっとでも楽になってもらえれば、と思いながら歌っています。

――背中を押すとはちょっと違う?

辛い気持ちや悩みを抱えている人を引っ張り上げることはできなくても、寄り添ってあげられるような音楽になれば、と思っています。

――アルバム最後となる10曲目は「あどけなさも私の武器にする」。

この曲は昭和歌謡曲っぽさがあって、役を演じるような感覚で歌いました。自分と役が交差するようなレコーディングだったので、不思議でしたね。ただ、必死さや切実さなどエモーショナルな雰囲気を持った曲だったので、自分の感情を歌に乗せることができたと思います。この曲は唯一ハンドマイクを使ってレコーディングをしました。初めての経験でしたが、動きながら歌えたので、気持ちが入りやすかったです。世界観に入りながら歌い上げられました。

――アルバム全曲のことについて教えていただきありがとうございました。今回でアーティストとしての第一歩を歩み始めましたが、これからこういう曲を歌いたいという気持ちがありますか?

疾走感のあるロックな音楽が好きなので、そういう曲は積極的に歌っていきたいです。聞いただけで心が苦しいという曲も歌えたらいいですね。あと、今回はあまりアニソンらしい曲がなかったので、戦闘系アニメオープニングになりそうなカッコいい曲にも挑戦してみたいです。色々なジャンルを歌いながらカッコいい女性を目指していきたいですね。

――最後にニノミヤユイさんと二ノ宮ゆいさんにおうかがいします。デビューしたいま、アーティストと声優はそれぞれどういう存在になりましたか?

アルバム制作期間中は歌に集中しましたが、私は声優でもあります。どちらかを頑張っているときこそ、もう片方も頑張らないといけない。どちらも本業でいたいと、より強く思うようになりました。「声優アーティスト」ではなくて、「声優」と「アーティスト」どちらも本業でしっかり活動できればと思っています。同じくらい大切なので、どちらが主というのは全くありません。カタカナと漢字で、違うけど同じ。どっちともちゃんと向き合っていきたいと思っています。
○●ニノミヤユイデビューアルバム『愛とか感情』

価格:2,700円(税抜)
【収録曲】
1. 愛とか感情
2. ヤミノニヲイ
3. Lemon Gelato
4. 乱反射↘↑↗
5. 私だけの、革命。
6. 呪いを背負って生きたいよ
7. わたしを離さないで
8. 安心to the 安全
9. 光なくても
10. あどけなさも私の武器にする
○●ニノミヤユイ 1st LIVE「愛とか死、或いは名もない感情からの逃避」

<東京公演>※完売
日 程:2020年3月28日
開場時間:17時00分
開演時間:18時00分
場所:下北沢GARDEN
料金:4,000円(税抜)
(別途ドリンク代:600円)
<大阪公演>
日 程:2020年4月11日
開場時間:16時30分
開演時間:17時00分
場所:大阪・梅田Zeela
料金:4,000円(税抜)
(別途ドリンク代:600円)
主催:ホリプロインターナショナル / バンダイナムコアーツ
(M.TOKU

画像提供:マイナビニュース