ハチノヨンは、スウェーデンのHi-Bit Studiosが開発したマルチジャンルゲーム『198X(イチキュウハチエックス)』のNintendo Switch版を、本日2020年1月23日より配信開始した。

 本作は、1980年代を舞台に、思春期を迎えた主人公ストーリーと、その心象風景に重なる1980年代風のアーケードゲームからなる、ユニークタイトルとなっている。


【画像13点】「『198X(イチキュウハチエックス)』が配信開始! 1980年代風アーケードゲームと青春ストーリーが融合した意欲作」をファミ通.comで読む(※画像などが全てある完全版です)




以下、リリースを引用


80年代ゲーセンと青春ストーリーを融合させたユニークマルチジャンルゲームNintendo Switch向けに配信開始!

 有限会社ハチノヨン(本社:東京都渋谷区、代表取締役:源紘子)は、Hi-Bit Studios(スウェーデン)が開発したマルチジャンルゲーム、「198X」(イチキュウハチエックス)のNintendo Switch版を、本日Nintendo eShopにて配信開始いたしました。

 「198X」は、1980年代を舞台に、思春期を迎えた主人公ストーリーと、その心象風景に重なる80年代風のアーケードゲームからなる、ユニークタイトルです。

 本作では、次の5種のゲームの「さわり」をお楽しみいただけます。

Beating Heart(ビーティングハート) ベルトスクロール型ビジランテアクション
Out of the Void(アウト・オブ・ザ・ヴォイド)  凶悪メカ艦隊に立ち向かうシーティングゲーム
The Runaway(ランナウェイ) スーパーカーを駆り、大都会へと駆け抜けるレースゲーム
Shadowplay(シャドウプレイ) 刃で魔物に立ち向かう、切れ味鋭い忍者アクション
Kill Screen(キルスクリーン) 3Dダンジョンの中でサイバーモンスターを蹴散らすRPG

 各ゲームは、それぞれのプレイ時間は簡潔ながらも、当時を思わせる本格的な作りとなっています。

 本作はスウェーデンフランス、日本の俊英スタッフが参加。レトロスタイルの美麗なピクセルアートに加え、複数のアーティストによるサウンドトラックを採用。

 内外に幅広いファンを持つゲーム音楽作曲家、古代祐三氏も参加しております。

 また、本作はプロローグともいうべき作品で、今後開発会社が準備しているゲームへと続く予定です。

 なお、先行して配信中のPC版への日本語ローカライズのアップデート、及びPlayStation4版についても近日中に配信予定となっております。

 その他、ゲームの詳細は以下の公式サイトをご覧ください。

公式サイト


スクリーンショット


Beating Heart(ビーティングハート)


Out of the Void(アウト・オブ・ザ・ヴォイド)


The Runaway(ランナウェイ)


Shadowplay(シャドウプレイ)


Kill Screen(キルスクリーン)


商品概要

タイトル:198X (カナ表記:イチキュウハチエックス)
ジャンルマルチジャンル
開発元:Hi-Bit Studios
対応機種/配信開始日/価格(税込)
Nintendo Switch/2020年1月23日/980円
PlayStation4/未定/980円
PC (Steam) /配信中/980円
発売元:ハチノヨン (Nintendo Switch, PS4)
CEROレーティング:D
プレーヤー数:1人





(C) 2019 Hi-Bit Studios