岸田國士戯曲賞を受賞した『わが星』以降も、さまざまな場所で作品を生み出し続けてきた劇団、ままごと。今回は2018年に横浜を皮切りに国内各地で公演を行ってきた『ツアー』と、初演となる新作『タワー』の2本が、1月25日(土)・26日(日)に愛知県長久手市文化の家 森のホールで上演される。

作・演出の柴幸男は愛知県出身であり、会場の文化の家で開催された演劇のイベントグランプリ(劇王)に輝いている。その彼が今回初めて、ままごととして凱旋することになる。

ツアー』は子供をなくした女があてどなく車で走り出した先で「イヌ」に出会う物語。新作『タワー』はタワーマンションに住むため、自ら建てはじめた男がもうひとりの男に出会う話になるという。『ツアー』では車という無機物が人とおなじような重さでステージに存在していた。新作では、もしかしたらマンションが『ツアー』の車のように存在するのかもしれない。車で走る=並行に進む、マンションを建てる=垂直に進むという対比も面白くなりそうだ。

ままごとの大石将弘と小山薫子が2作ともに出演し、さらに『タワー』には同じくままごとの石倉来輝が、『ツアー』には宝塚出身の秋草瑠衣子が参加する。

いずれも、たった3人のキャストで紡がれる1時間ほどの作品だ。けれどもそのステージには、旅を通じて作品を生み出し、作品の中に旅を表現してきたままごとならではの気持ちのよい風が吹いていることだろう。

文:釣木文恵

ままごと『ツアー』+『タワー』