キルト愛好家が集まる「第19回東京国際キルトフェスティバル-布と針と糸の祭典-」が本日開幕する。

会場では様々な招待作家の作品が展示される。今年の特別企画のテーマは“キルトが奏でるミュージック”で、最前線で活動するキルト作家8人の作品が登場。キャシー中島は少女時代からあこがれてきたロックスターオマージュを捧げる作品を、上田葉子は椿姫の世界を布で表現した作品を出品する。

また、国内外・プロアマ問わず集まった1122点の中から選ばれた入選・入賞作品約300点が展示される「日本キルト大賞」や、トークショーなどのステージイベントワンポイントレッスンも開催。タイトル通り、布と針と糸で描き出される心安らぐ世界を堪能できるイベントだ。

第19回東京国際キルトフェスティバル-布と針と糸の祭典-
1月23日(木)から29日(水)まで
9時30分から18時(初日は11時から、最終日は17時30分まで)
東京ドーム
当日券 2200円(税込)
https://www.tokyo-dome.co.jp/quilt/

第19回東京国際キルトフェスティバル-布と針と糸の祭典-