こんなことを言っているが、時事通信世論調査では安倍政権下での憲法改正の是非については「反対」が45.9%、「賛成」は31.2%。しかも昨年8月より「反対」は4.6ポイント増加、「賛成」は0.9ポイント減であり、「前に進めよ」なんて声はむしろ減っている
(画像/政府インターネットTV)

憲法改正を叫ぶ首相、無批判に垂れ流すメディア
 年頭所感に始まり、1月6日の安倍内閣総理大臣年頭記者会見、7日の自民党党本部で開かれた仕事始めでの挨拶、16日の党の機関「中央政治大学院」の会合における挨拶と、そこかしこで「憲法改正への意欲」をしつこいくらいに表明している安倍晋三総理と、それを無批判に垂れ流すだけのメディアが目に付きます。

 しかし、その愚劣な行為を目にして、筆者の脳内であのフレーズが再び蘇ってきました。

 実在の議員とほんのり似てる気がしないでもありませんが、あくまでもパワーワードが浮かんだとき筆者の脳内に降臨する「守護霊」なのは言うまでもありませんが、早速登場してもらいましょう!

◆繰り返される愚行に言いたいことはただひとつ!

◆憲法99条100回繰り返せ

◆このスタイルは「ジャーナリズム」なの?

 皆さん、感じた怒りはこの某守護霊のようにきっちり声に出して、メディア政治家に「違うだろ」と言い続けましょうね。

<漫画/ぼうごなつこ>

【ぼうごなつこ】

ぼうごなつこ●Twitter ID:@nasukoB1974年神奈川生まれ。まんが家・イラストレーター 『子どもの心に寄り添って~被災した子どもの心のケア(NPO法人キッズドア)』『知ってはいけない 隠された日本支配の構造(講談社現代新書)』『女政治家の通信簿(小学館新書)』などでまんが・イラストを担当