.



1. 概要

 2020年1月21日(火)”社会貢献型”暗号資産仮想通貨)専用ショッピングモール「cryptomall(クリプトモール)」を運営するcryptomall ouは、暗号資産仮想通貨)マイニング事業「cryptomall mining(クリプトモールマイニング)」の開始を発表しました。

 現在、マイニング工場は北ヨーロッパエストニア共和国にて設立中。同国の気候、地域特性、その他法制度を活用し、【世界初】となるマイニングで発熱した熱量を電力会社へ販売するシステムの搭載に成功しました。




2.  「cryptomall mining(クリプトモール マイニング)」について

(1) 暗号資産仮想通貨)マイニングとは?

 暗号資産仮想通貨)マイニングとは、高い計算能力を持つコンピュータ(マイニングマシン)を用いて、ブロックチェーンに保存されている取引記録の承認作業を行うこと。

 「ビットコイン(BTC)」など一部の暗号資産仮想通貨)は、一定期間ごとに、すべての取引記録を取引台帳に追記し、承認作業を行います。承認作業は、データの整合性と正確さが求められるため、膨大な計算量が必要です。

 ですから、マイニングを行うために必要なリソースを、複数のネットワーク参加者が支えているということになります。

 そして、正確に取引記録の承認作業を行うことに成功したネットワーク参加者に対し、成功報酬として「ビットコイン(BTC)」が支払われる設計となっています。



(2) 「cryptomall mining(クリプトモール マイニング)」とは?

 「cryptomall mining(クリプトモール マイニング)」とは、「ビットコイン(BTC)」を始めとする暗号資産仮想通貨)マイニングを行う事業のこと。特に、高利益率のインカムゲイン・キャピタルゲインが得られやすいよう、適宜「半減期」などのファンメタルを重要視したマイニングを実践しています。

 また、「cryptomall mining(クリプトモール マイニング)」は、世界初となるマイニングで発熱した熱量を電力会社へ販売するシステムの搭載に成功し稼働させて参ります。

 さらに、暗号資産仮想通貨)・ブロックチェーン業界に精通したcryptomall ouは、長年培ったノウハウ、エストニア共和国の気候、その他地域特性を活かし、利益率の高い唯一無二のマイニング事業を展開して参ります。




3.   「cryptomall mining(クリプトモール マイニング)」の特徴





(1)  工場立地の優位性

 「cryptomall mining(クリプトモール マイニング)」工場は、世界初となるマイニングで発熱した熱量を電力会社へ販売するシステムの搭載に成功。同システム暗号資産仮想通貨)推進国エストニア共和国にて設立。



(2) 自社独自ノウハウによるマイニングマシンチューニング

 マイニングマシンはすべて自社独自ノウハウによるチューニングを施し、効率よくマイニングを行えるよう整備します。



(3) 経験豊富なスタッフ
 
 常時、経験豊富な専属のエンジニアが24時間365日体制で監視。マイニングマシンはもちろん、マイニング工場の環境が最適であるか常にチェックし、状況に合わせ適宜対応を行って参ります。



(4)  自社独自ノウハウによる制御プログラム

 長年にわたり培った技術ノウハウを駆使し、マイニング専用の電子機器制御プログラムを独自開発しました。



(5) 税制優遇措置の存在

 「cryptomall(クリプトモール)」の暗号資産仮想通貨)マイニング工場が建設されているエストニア共和国では、日本ではなじみの深い元大関 把瑠都 魁斗(本名:カイド・ホーベルソン)氏が現職国会議員であり、起業家誘致を目的とした国策を導入しました。

 なお、同氏は2019年より「cryptomall(クリプトモール)」の 「Strategy Adviser(ストラテジーアドバイザー)」 に就任しています。




4. エストニア共和国暗号資産仮想通貨)マイニング事業を行うメリット





(1) マイニングで発熱した熱量を電力会社へ販売

 「cryptomall mining(クリプトモール マイニング)」工場は、【世界初】の取り組みである、マイニングで発熱した熱量を電力会社へ販売するシステムの搭載に成功した施設となります。

 つまり、「cryptomall mining(クリプトモール マイニング)」にマイニングを委託すれば、同業他社とは異なる利益率が高く、また投資対効果の高い運用が実現可能となります。



(2)世界的に安価な電気料金

 「cryptomall(クリプトモール)」の暗号資産仮想通貨)マイニング工場が建設されているエストニア共和国は、様々な優遇措置が存在し、それらを複合させると1KWh当たり「5円未満」と大変安価な電気料金となります。

 なお、マイニング事業は、コストの80%は電気代と言われています。

 つまり、電気代が安価であればあるほど、利益率が高く、また投資対効果の高い運用が実現可能となります。

出典: 電力中央研究所 (2013年
https://criepi.denken.or.jp/



(3) 安価で広大な土地を確保

 「cryptomall(クリプトモール)」の暗号資産仮想通貨)マイニング工場が建設されているエストニア共和国郊外の地価は非常に安価なため、広大な土地に工場を建設しています。

 つまり、工場の建設費用が安価な分、利益率が高く、また投資対効果の高い運用が実現可能となります。



(4) 安価な人件費

 「cryptomall(クリプトモール)」の暗号資産仮想通貨)マイニング工場では、マイニングの知識に長けたスタッフが常在しており、毎日厳しい監視を行っています。

 諸外国に比べ安価な人件費というエストニア共和国特有のメリットを享受することにより高利益率を実現。

 つまり、 人件費を低く抑えられる分、利益率が高く、また投資対効果の高い運用が実現可能となります。

出典: OECD 「Real minimum wages」 (2016年
https://stats.oecd.org/Index.aspx?DataSetCode=RMW#



(5) 治安の安全性

 世界経済フォーラムによると、エストニア共和国は世界で最も安全な国の一つであると報告されており、夜間に出歩いても犯罪に巻き込まれることはほとんどないと言われています。

 また、マイニング工場は、窃盗・盗難などを防止するため、万全のセキュリティ体制を完備しています。

 さらに、上記背景から保険料も安価なことから、安心・安全かつ低コストでの運営が実現可能です。

出典: 世界経済フォーラム
https://jp.weforum.org/



(6) 寒冷な気候

 「cryptomall(クリプトモール)」の暗号資産仮想通貨)マイニング工場が建設されているエストニア共和国は、夏でも22度を越えず、冬の平均気温はマイナス10度以下という寒冷な気候。

 つまり、サーバの冷却コストを安価に抑えることができるため、利益率が高く、また投資対効果の高い運用が実現可能となります。



(7) 「買い取り保証制度」の完備

 「cryptomall mining(クリプトモール マイニング)」におきましては、クライアントさまが何らかの理由によりマイニングサーバを売却したいといった場合、いつでもご売却いただけるよう「買い取り保証制度」を設けております。

 つまり、柔軟なリスクヘッジに対応しているため安心して委託いただくことが可能です。




5. 社会貢献型”暗号資産仮想通貨)専用ショッピングモール「cryptomall(クリプトモール)」について






 「cryptomall(クリプトモール)」とは、100万点以上もの商品を取り扱う「”社会貢献型”暗号資産仮想通貨)専用ショッピングモール」です。ブロックチェーン技術を活用し、「ニセモノ・パクリ商品」が一切【販売されない】・【販売できない】ショッピングモールプラットフォームを構築中です。

↓↓社会貢献型”暗号資産仮想通貨)専用ショッピングモール「cryptomall(クリプトモール)」はコチラから↓↓
https://crypto-mall.org



(1) 「cryptomall(クリプトモール)」概要

 「cryptomall(クリプトモール)」とは、100万点以上もの商品を取り扱う「”社会貢献型” 暗号資産仮想通貨)専用ショッピングモール」です。ブロックチェーン技術を活用し、「ニセモノ・パクリ商品」が一切【販売されない】・【販売できない】ショッピングモールプラットフォームを構築中です。

↓↓社会貢献型”暗号資産仮想通貨)専用ショッピングモール「cryptomall(クリプトモール)」はコチラから↓↓
https://crypto-mall.org



(2) 「ニセモノ・パクリ商品」を撲滅する仕組みとは?

 ・ポイントその1  透明性

 ブロックチェーン上に、商品の取引記録を登録することで、誰でも取引記録を閲覧できるようになります。管理者が存在する中央集権型のシステムとは異なり、まったく利害関係のない第三者も履歴を閲覧できるため、透明性が高く、データを改ざんできません。



 ・ポイントその2  追尾可能性

 ブロックチェーン上の商品の取引記録は、すべて繋がっています。つまり、あるメーカーから出荷され、小売店を経由し、ユーザーの元へ届いたということが一目瞭然なのです。



 ・ポイント3  繊維型マイクロチップ

 デザインを邪魔しない繊維型マイクロチップを、製造時に商品に組み込みます。マイクロチップを読み取ることで、商品情報、商品の取引履歴そして物流経路など、改ざん不可能ブロックチェーン上の履歴を閲覧することができます。

 このように、ブロックチェーン技術とマイクロチップを利用することで、決して改ざんすることできない商品の取引履歴を誰もが閲覧することができ、「ニセモノ・パクリ商品」が一切【販売されない】・【販売できない】ショッピングモールプラットフォームを構築することができます。








◇◇━━━━━━━━━━━◇◇

◆1.  ご案内

(1) 「cryptomall(クリプトモール)」の2つの特徴

・ その1
本物しか販売されていないショッピングモールという、大手に負けないブロックチェーンラットフォー

・ その2
他の暗号資産と提携可能という無限の可能性
↓↓「cryptomall(クリプトモール)」の紹介動画はコチラ↓↓
https://www.youtube.com/watch?v=xk45HoCBUVw&feature=youtu.be



(2) 中国のニセモノ・パクリ問題

・ 問題点
「ニセモノ・パクリ商品」が氾濫しており、安心してネットショッピングができない。

・ 解決策
改ざんが一切できないブロックチェーンラットフォームを開発することで、「ニセモノ・パクリ商品」を撲滅することができる。
↓↓中国のECサイトについての動画はコチラ↓↓
https://www.youtube.com/watch?v=CjxvfAaa-js&t=11s



(3)  過去の配信コンテンツ
↓↓プレスリリースなどのコンテンツはコチラから↓↓
https://crypto-mall.org/archive/ja





◆2.  お問い合わせ

・ お問い合わせフォー
https://crypto-mall.org/contact

メールでのお問い合わせ
support@crypto-mall.org

・ 運営サイト
cryptomall(クリプトモール)
https://crypto-mall.org/
http://ieo.crypto-mall.org/

暗号資産仮想通貨)発行会社(主宰会社)&ご紹介者さまへ
「cryptomall(クリプトモール)」との業務提携をご検討の方、また、
「cryptomall(クリプトモール)」をご紹介していただける方は下記をご覧ください。
https://crypto-mall.org/user_data/alliance

※業務提携に関しましては、厳正なる審査のうえ決定させていただきます。
◇◇━━━━━━━━━━━◇◇

配信元企業:cryptomall ou

プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ