バルセロナユベントスとの移籍交渉に出した条件は、要求から大きくかけ離れていたようだ。イタリアスカイスポーツ』が報じた。

バルセロナは、ユベントスイタリア代表MFフェデリコ・ベルナルデスキ(25)の獲得を望んでいると報じられてきたものの、なかなか交渉がまとまらない状況が続いている。

しかし、バルセロナからのオファーは、悪いものではなかった。

移籍に精通しているジャンルカ・ディ・マルツィオ氏、バルセロナがベルナルデスキ獲得の交渉条件に、クロアチア代表MFイバン・ラキティッチ(31)に加え、1000ユーロ(約12億1500万円)を支払うオファーをしたとのこと。しかし、ユベントスは断ったという。

2017年7月にフィオレンティーナからユベントスへと加入したベルナルデスキは、マウリツィオ・サッリ監督からの信頼を得られず。今シーズンセリエAで14試合、チャンピオンズリーグで4試合に出場し1ゴールコッパ・イタリアで1試合に出場し1アシストを記録。しかし、大半が途中出場となっている状況だ。

しかし、ユベントスとの契約は2022年6月まであり、バルセロナに対しては少なくとも2000ユーロ(約24億3000万円)を求める意向だという。果たして、この条件をバルセロナは飲むだろうか。

サムネイル画像