1月24日(金)にスタートする岡田結実主演の金曜ナイトドラマ「女子高生の無駄づかい」(毎週金曜夜11:15-0:15ほか、テレビ朝日系)。

【写真を見る】個性派女子3人組YouTuber“くれいじーまぐねっと”

さいのたま女子高等学校(通称:さいじょ)に通う、個性派ぞろいのJKたちの日常をゆるくシュールに、そしてリアルに描くいているこのドラマの放送開始に先がけて、岡田結実、恒松祐里、中村ゆりかの“女子無駄3人組”が女子高生を中心に人気の個性派女子3人組YouTuber“くれいじーまぐねっと”とコラボを行った。

女子無駄3人組と個性派YouTuberイヤホンガンガントーク

女子無駄3人組”と“くれいじーまぐねっと”がコラボする動画で挑んでいるのは「イヤホンガンガン」。大音量の音楽がガンガン流れるイヤホンをしたまま会話をし、まったくかみ合っていないさまを楽しむ動画が、Twitterなどを中心に中高生の間で大流行している。

ドラマ女子高生の無駄づかい」放送を記念して実現したスペシャルコラボ動画では、ドラマ公式HPとTwitterアップされると、岡田たちと“くれいじーまぐねっと”がとんちんかんなやり取りを繰り広げる様子に、Twitterでは「最高なコラボ!!」「このコラボって結構すごくない?」「面白すぎた! 話通じてなさすぎて笑った」「面白すぎてこの動画何回も見れる(笑)」「謎にパワーもらった」とさまざまな感想が寄せられている。

今回アップされた動画は2本。さらに“くれいじーまぐねっと”のYouTubeチャンネルでも「女子高生の無駄づかい」にちなみ、“女子校に通うJKの1日を理想と現実それぞれ再現してみた【あるある】”という動画がアップされている。

街に溢れるキラキラ女子高生たち。タピオカ自撮り、盛れた?いいね!いいね! そんな中、ひときわキラキラ感のない、3人の女子高生が歩いている。

彼女たちの名は田中望=バカ(岡田結実)、菊池茜=ヲタ(恒松祐里)、鷺宮しおり=ロボ(中村ゆりか)――さいのたま女子高等学校(通称:さいじょ)に通う、正真正銘の女子高生=JKである。

入学早々、彼氏が欲しいと息巻くバカ。しかしクラスを見渡し衝撃的事実に気づく。

「なんで女しかいねーんだ?」

受験したのが“女子高”だったことに今さら気づき、悲嘆にくれるバカ。これじゃ男子との出会い、絶望的じゃん。高校入ったらモテまくってイケメンの彼氏作るはずだったのに!こうなったら担任教師に期待するしかないじゃん!…しかしバカのそんな願いもむなしく、現れた担任の佐渡正敬=ワセダ(町田啓太)は、着任の挨拶でゴリゴリの“女子大生派”だ、と宣言する。

華のJK生活に危機感を感じたバカは、他のクラスメイトと距離を詰めようとするも、重度の中二病・山本美波=ヤマイ(福地桃子)、優等生すぎて面白みゼロの一奏=マジメ(浅川梨奈)、無駄にオラつくお子ちゃま・百井咲久=ロリ(畑芽育)、コミュ障オカルトマニア・久条翡翠=マジョ(井本彩花)など、超個性的な面々にげっそり。かくして始まったJKたちの、ハナクソレベルの日常――彼氏を渇望するバカに明るい未来はあるのか?(ザテレビジョン

岡田結実、恒松祐里、中村ゆりかの“女子無駄3人組”