富士フイルム株式会社は、35mm判の約1.7倍となるラージフォーマットセンサー搭載ミラーレスデジタルカメラ「GFXシリーズ」用交換レンズ「GFレンズ」のラインアップとして、標準ズームレンズ「フジノンレンズ GF45-100mmF4 R LM OIS WR」を2020年2月27日に発売する。希望小売価格は税別305,000円。

レンズは、開放F値4の明るさを持ち、焦点距離45-100mm(35mm判換算:36-79mm相当)をカバーする標準ズームレンズ。「FUJIFILM GFX100」との組み合わせでは1億2百万画素のイメージセンサーの性能を引き出すという。

非球面レンズ3枚、スーパーEDレンズ1枚、EDレンズ1枚を含む12群16枚のレンズ構成を採用。各種収差を抑制しているため、単焦点レンズに匹敵する高解像性能と、高いコントラストを実現しているという。また、5.0段分の手ブレ補正機能や、リニアモーターによる高速・静音・高精度なAFを搭載。

「GF45-100mmF4 R LM OIS WR」は、すでに発売している標準ズームレンズ「フジノンレンズ GF32-64mmF4 R LM WR」と望遠ズームレンズ「フジノンレンズ GF100-200mmF5.6 R LM OIS WR」と合わせて広角32mm-望遠200mm(35mm判換算:25mm-158mm)の焦点距離をカバーし、超高画質な写真の撮影領域をさらに拡大するとしている。

富士フイルム、ミラーレスデジタルカメラ「GFXシリーズ」用交換レンズ「フジノンレンズ GF45-100mmF4 R LM OIS WR」を発売