ハチノヨン1月23日(木)、Hi-Bit Studiosが開発したマルチジャンルゲーム『198X(イチキュウハチエックス)』Nintendo Switch版を発売した。価格は980円(税込)。なお、本作はすでに2019年6月にPC版SteamGOG.com)がリリースされている。

(画像は『198X』日本語版公式サイトより)

 『198X』は1980年代、都会の外れにある町「サバービア」を舞台に、子どもと大人のはざまにいる思春期の少年「キッド」のストーリーパートと、80年代風に作られた5つのアーケードゲームの見せ場にあたる部分を実際にプレイできるゲームパートに分かれたユニークゲームだ。

 『ビジランテ』1988)のようなベルトアクションゲームをはじめとするアーケードゲームには、ゲーマーにはおなじみの設定と“鉄板”のシステムが用意されており、当時のゲームを彷彿とさせる本格的なゲームデザインとなっている。また、複数のアーティストによるサウンドトラックでは、エインシャントの古代祐三氏も参加し、楽曲を提供している。

(画像は『198X』日本語版公式サイトより)
(画像は『198X』日本語版公式サイトより)

 本作はプロローグ的位置づけの作品であり、今後Hi-Bit Studios開発中の新作へと続いていく予定だ。また、PC版への日本語ローカライズのアップデート、およびPlayStation 4版についても近日中の配信を予定している。

ライターヨシムネ

ヨシムネ
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。