細田善彦と佳久創が出演するドラマ「週末オトコ温泉同好会」(昼1:30-2:30)が、1月25日(土)にテレビ東京系でオンエア。放送を前に、細田と佳久が見どころなどを語った。

【写真を見る】ドラマ「ニッポンノワール」への出演も話題を呼んだ細田善彦

■ 男2人による温泉ツアー

「週末オトコ温泉同好会」は、“ひとり温泉巡り”が趣味の超ヘリクツ男・光彦(細田)と、生粋の遊び人で元ヤンキーの龍太郎(佳久)による、男2人の温泉ドラマ

3連休の朝、光彦は前々から計画していた関東~関西を巡る「弾丸温泉ツアー」に出発しようとするが、中学時代にいじめられていた元ヤン龍太郎にばったり会ってしまう。

突然、「暇だし、一緒に行くわ!」と言い出す龍太郎。断り切れない光彦は、絶望的な気分で龍太郎と男2人の温泉ツアーに出かけることに…。

■ 光彦役:細田善彦、龍太郎役:佳久創が撮影を振り返る

――演じられた役の印象を教えてください。

細田:僕からすると光彦は温泉好きはもちろんなんですけど、すごくチャーミングで、ただ甘えん坊気質な人間なのかなと思いながら演じさせていただきました。

佳久:最初に佐野龍太郎の役をいただいた時、元ヤン役と聞いていたのですごい悪い役なのかと思ったんですけど、台本を読んでいくうちにすごい憎めない、人思いな温かいキャラクターだなと思ってやりたくてたまらなくなりました。

それを今回演じる上で少し心配だったのが、細田さんとの初めての共演です。先輩なのであんまりいじることはできないなと思っていたんですが、撮影になるとすごい引っ張ってくれてアドバイスすごいしていただいて。

すごく僕自身もためになり、成長できた大好きな作品なので、ぜひ皆さんにもそういったところを楽しんでいただけたらなと思います。

――5カ所7温泉の旅で、印象に残った温泉はありますか?

細田:どこもほんとに素晴らしかったんですけど、プライベートでもう1回行きたいなと思ったところは、大阪の山奥(能勢)にある三空海温泉に行きたいなと。温度が2種類の小さなお風呂があって、交互に入るのがすごい気持ちかったですね。

そこの温泉の窓から見た景色も素晴らしく、気持ち良かったですね。温泉好きではあったんですが、今まで漠然と温泉という感じだったのが、今回光彦という役を通して温泉について調べていくようになって泉質とかも気になるようになりました。

pH値の機械を壊してしまったことについて、徳岡さん(徳岡敦朗チーフプロデューサー)がずっと言ってくる(笑)。pH値を調べる機械なので防水かと思ってたんですけど、水につけてもいいのは先端だけだったらしく。pH値を取るシーンで電源がつかないというアクシデントを起こしてしまいました(笑)

先ほど本編を見ながら記者会見の準備をしていたんですけど、本来pH値が光るところが光っておらずすごく反省しております(笑)。ですので 、pH値の取り方はすごく学ばせていただきました。

佳久:僕的には、宝生苑の温泉がすごい景色が良くて、海が見渡せて何より美肌効果が魅力的でした。やっぱりお肌を気にします、そろそろ年なので(笑)。白くなれーと思いながら(笑)

いろんな温泉が知れて良かったです。僕は1人だと寂しいので、また誰かと行けたらなーと思います。

――温泉で2人の距離感は縮まりましたか?

佳久:僕はお酒を飲むと距離が近づくなぁと思っていたんですが、温泉もすごくいいなと思いました。裸の状態で腕を肩に回すというのは、心の距離もグッと縮まりますね。

細田:あまりにも佳久さんの体がすごくて、僕はあまり自分より大きい人に出会わなかったりするので、すごく包まれてる感じがして新鮮でした。今まで味わったことない感覚です。

僕も身長は182cmくらいあるので包み込む方だと思っていたら初めて包み込まれて、これもアリかなぁと思いました(笑)

■ 筋肉を褒め合う細田善彦&佳久創

――お互いの肉体についてどう思われましたか?

細田:山田湯って所に行って初めて龍太郎は脱ぐのですが、佳久さんの体をさまざまなアングルで撮っていました。でも、本編で使われたのは横からのアングルで。あぁ、横からなのは僕ではなく監督の好みだなぁと思いました(笑)

佳久:僕は、ラグビーのときにつけた筋肉が落ちないように頑張りました。撮影が正月明けだったので、正月太りしないように気をつけました。

細田さんは着痩せされるタイプなんだろーなと思っていたんですが、初めて撮影で見た時に胸筋がボコンって出ていてびっくりしました。ほんとにすごかったです。お互いに筋肉を褒め合って、距離を縮めていました。

――筋肉部分以外の見どころをお願いします。

細田:やっぱり、5カ所7温泉の多さですかね! それぞれの温泉の違いを光彦が解説しながら進めていくので、温泉を擬似体験できるような物語になっているのかなと思います。

佳久:温泉はもちろんなんですけど、僕はストーリーも面白いなと思っています。光彦にすごく嫌われていたんですけど、それがどんどん仲良くなっていって、光彦の恋のことまで関与し出すってところは面白いと思いましたね。

――初共演ということで、お互いの印象はどうですか?

細田:最初に熱海でお会いしたんですけど、全然喋ってくれない(笑)。初日にスタッフ含め全員で飲みに行ったときに、ものすごく饒舌になって、楽しそうにコミュニケーション取られていて。

ほんとに本人がおっしゃっていたようにお酒の席でのコミュニケーションはすごかったです。佳久さんは体育会出身ということで年上の僕に気を遣われていたのかとは思うんですけど、初日の夜にそういう場を設けて下さいましてそこからはすごく仲良くなりました(笑)

佳久:僕がすごい人見知りなところがあって、話し掛けたいんですけど、何を話し掛けたらいいんだろうという感じはあったんですが、その日の夜にお酒の席を設けてくださって、本当に良かったです。

第一印象は、すごい自分の世界に入られる方なのかなって思っていました。けど、それは僕とコミュニケーション取ることを考えてくださってたんだなって後から気づきました。

細田:ただ、俳優としてすごく感謝してることがあって、先ほど包まれている気分になりましたとか言いましたけど、やっぱり自分より大きい人に会うことがあんまりなく、自分が弱っちく見える役をするということがなかなかできないんですけど、佳久さんのおかげで僕は何もしなくても弱っちい、ヘリクツ男を演じることができました。

徳岡:キャスティングは初めに細田さんの方が決まって、身長182cmということで少しやばいと思ったんですが、佳久さんの方が大きくてバッチリ決まったので良かったです。

■ 裸を見た感想を明かす2人

――役柄では正反対ということですが、普段はどんな性格ですか?

佳久:僕は人見知りです。でも、1回仲良くなってしまえばぐいぐい行けるので、撮影中はお酒飲めないのですがお酒飲んだつもりで演じてました。役はやりやすくて楽しかったです。

細田:僕は、そんなつもりは一切ないし、光彦を演じている期間だったからとは思うんですけど、ヘリクツとか光彦だか善彦だかわからないとかそんなことはよく言われましたね。

移動でいろいろな旅館に行かせていただいて、ご飯の待ち合わせをしてるときにお土産屋さんに寄っちゃうんですよね。そこで、いろいろマイペースにお待たせしちゃったりはしてました(笑)

――お互いの裸でドキッとした相手の筋肉はありますか?

佳久:僕はやっぱり細田さんの胸筋ですね!

細田:皆さん上半身に目がいくかも知れないんですが、ラグビーやっていらしたのでお尻がすごい! お尻の筋肉がどんな筋肉してるんだ!ってくらい光彦目線ではなく、善彦目線で思っていました(笑)

――ストーリーの中で初恋の相手を思い出すっていうのがありましたけど、実際の2人の初恋はどんな感じでしたか?

細田:僕はポニーテールがたまらなく好きでした、小学生のころ。ポニーテールの女性が口にゴムを加えて髪を結ぶ一連の流れは、小学生ながら好きでした。

佳久:今、ポニーテールで思ったんですけど、僕はショートカットの女性が、多分うなじが好きです。女性の後ろに回ったら、うなじが見放題ということで、後ろに回る癖がありました(笑)

■ 徳岡敦朗チーフプロデューサーコメント

番組は、寒い季節で温泉が恋しくなり、普通なら温泉旅番組をやったりするんですけど、今回は1回ドラマでチャレンジしたいなという思いで撮影に取り掛かりました。

ですので、1時間の旅番組で5カ所7温泉というのは出せないんですけど、そこにドドっと弾丸ツアーみたいな感じで男2人が旅していくという形になりました。

お2人の役の基本設定は東京の人で、熱海から始まりレトロな温泉マニアの聖地、自宅が温泉として開放されている所、超美肌の湯、山奥のポツンと一軒湯、海の絶景温泉に行ったりします。三重県の賢島から大阪・高槻の摂津峡~能勢に行ったり、最後は淡路島ホテルニューアワジに行きました。

細田さんの役柄は超ヘリクツ男の温泉オタクという設定で、かなり他人に対して心を閉ざしていてちょっと面倒くさい感じの彼なんです。

彼が週末に毎週毎週温泉に1人で行くという中で、彼の朝のルーティンで蕎麦を食べてから温泉に行くのですが、そこでたまたま中学の時にいじめられていた佐野龍太郎に会ってしまい、一緒に温泉旅行に行くという物語です。

男2人の旅ということで、そこにいろんなストーリーが入ってくる中で段々光彦が自分の殻を破っていって、最後は中学時代の初恋相手の東雲茜に告白しにいけるのだろうか!?というストーリーになっております。

1つ言いますと、大阪のスタッフドラマを撮りたかったという僕の思いがあって、今回は撮影スタッフを全て大阪のスタッフにしました。いろいろ不手際があって、お2人には迷惑をお掛けしたんですが、なかなかのいい感じの仕上がりになったのではと自負しております。

見どころとしては、温泉がメインではありますが、裸の2人が出ます。見ていただいたとおり、筋肉美がすごいなと。佳久さんは昔ラグビーをやっていて、今も鍛えていとるということで、スタッフ曰くゴリマッチョというらしいです(笑)

とはいえ、細田さんもこうやって見ていると着痩せするタイプなんですけど、脱いだらすごいです。ボクサーみたいな体をしていて、細マッチョというみたいです(笑)。ですので、ひ弱な光彦の役にちょっと合わへんなっていうところはあったんですけど、作ってる僕が言うのも変ですが、2人の肉体美が1番の見どころかなと思います(笑)

ドラマ「週末オトコ温泉同行会」あらすじ

事務電機メーカーで経理をしている小暮光彦(28歳)は、中学の初恋相手が忘れられず、彼女いない歴28年。3連休、温泉を巡る弾丸旅行を計画し、意気揚々と出かけた光彦だが、静寂を打ち破るガサツな声が。

「あれ~?光彦!? 光彦だよね!?」。振り返ると、どこか見覚えのある顔。転校した東京の中学時代の同級生で、光彦をイジメていた佐野龍太郎(28歳)であった。酒臭くて馴れ馴れしい龍太郎をしり目に、そそくさとその場から立ち去ろうとする光彦だが、龍太郎は「どこ行くんだよ?」と畳み掛けてくる。

嫌な感覚がよみがえる光彦。けれども、「おれも大人になった」と自分に言い聞かせ、勇気を振り絞って「温泉に行くんだよ、ちょっと急いでいるから、じゃあまた!」と言い返す。

これで一安心…かと思いきや、龍太郎から「俺も暇だし一緒に行くわ!」と予想外の反応が。ここから、デコボコな2人の旅が始まる。(ザテレビジョン

細田善彦と佳久創が、温泉ドラマ「週末オトコ温泉同好会」の見どころなどを語る