民進党代表などを歴任した野党統一会派の岡田克也衆院議員が2020年1月23日、演説でのヤジについて「まあ、喋ってる人は結構聞こえるものなんですね」などと自らの経験を記者団に明かした。

国民民主党玉木雄一郎代表が1月22日の代表質問で選択的夫婦別姓に言及した際に「自民党席の女性議員」(玉木氏)が「それなら結婚しなくていい」といった趣旨のヤジを飛ばしたとされる問題をめぐる質問に対する答えだ。玉木氏へのヤジについて直接論評したわけではないが、誰がヤジを飛ばしたかについて「結構分かります」とも話した。いったん打ち切られることになった立憲民主党国民民主党の合流協議については、「残念の一言に尽きる」。候補者調整をはじめとした選挙に向けた対応を急ぐように求めた。

女性の声は「よく通るしね」

玉木氏へのヤジをめぐっては、野党は自民党杉田水脈衆院議員が「発信源」だとみており、1月23日の衆院議院運営委員会で自民に確認を求めている。このヤジについては、岡田氏は

「自分で確認できてませんから。演説そのものも聞こえないような状態ですよ、ヤジが多くて...」

などとして直接のコメントを避けたが、代わりに自らの経験談を明かしたのが、

「まあ、喋ってる人は結構聞こえるものなんですね。壇上で喋ってると。僕なんか、無所属の会とか(民進党)代表時代に演説してると...。女性の声、よく通るしね」

その上で、ヤジを受けたときには、「そういうときは、見つめ直すことにしてるんですけど(笑)。にらむんじゃなくて、見つめ直す」。

「誰が言ったかも、結構分かるんですか?」という質問には、「分かります。結構分かります」。玉木氏も、ヤジを発言したのが誰かを把握している可能性が高そうだ。

「もう、十分に遅れている。参議院の失敗をまた繰り返すのか」

打ち切られた合流協議については、

「残念の一言に尽きるんですが、今回で終わりではなく、当面は国会対応に集中しつつ、どこかでもう一度、両代表には協議してもらいたいと思っている」

などとして、いったん仕切り直した上で、改めて合流に向けた協議を行うように求めた。

選挙の際は、野党間で共同の選挙対策本部を設けるべきだ、というのが岡田氏の持論だ。

「いったん『破談』になってしまったことを受けて...」という質問をさえぎって「棚上げ」と言い直しながら、この「棚上げ」による選挙への影響は「あります」とも。共同選対を立ち上げて調整を進めなければ「非常に立憲も国民も厳しいということは認識しなきゃいけない」と指摘した。さらに、19年夏の参院選の複数区で、大阪選挙区のように野党候補同士が競合して共倒れしたケースを念頭に、

「もう、十分に遅れている。参議院の失敗をまた繰り返すのか、と思いますよ」

などとして調整を急ぐように求めた。

J-CASTニュース編集部 工藤博司)

民進党代表などを歴任した野党統一会派の岡田克也衆院議員(2016年撮影)。ヤジを受けた際の体験談を披露した