■米レンテックの最新チューン、直4で500psと600psを用意

米国のチューニングメーカーRenntech」(レンテック)は、メルセデス・ベンツのハイエンド・ハッチバックAMG A45S」を過激にチューンした2つの最新パワーキットを発売することを発表しました。

詳細画像はこちら メルセデス AMG A45S レンティック チューニングカー

レンテックは、米フロリダとドイツ1989年に設立された老舗チューナーです。メルセデスAMGをはじめBMWアウディなどの欧州プレミアムメーカーから、日産「GT-R」など日本製ハイスポーツまで幅広く手掛けています。

今回ベースとされたAMG A45S新型は、2.0リットル直列4気筒ターボエンジンを搭載、コンパクト・ハッチバックとしては最強レベルと言える最高出力421ps、最大トルク500Nを発揮し、0-100km/h加速3.9秒、最高速270km/hというパフォーマンスを誇っています。

詳細画像はこちら メルセデス AMG A45S レンティック チューニングカー

この高性能ハッチをさらにアップグレードする2つのパワーキットは、同エンジンをブーストアップし、最高出力550psおよび600psというスーパーカー並のパワーへと豹変させるものです。

正式発売は今春以降の予定で、現在エキゾーストシステムソフトウェアダウンパイプなどの調整が行われている状況だといいます。またオリジナルの触媒コンバーター、及びパーティルフィルタに基づく専用のエキゾーストシステムも開発しているようです。

これらのパーツを数ヶ月待てない顧客は、1月中旬から最高出力475ps、最大トルク575Nmまで向上させるソフトウェアチューニングキットを注文することも可能で、これには、遠距離生後エキゾースト・バルブモジュール、ローダウン・スプリンセット、19インチまたは20インチ大径ホイールが含まれているといいます。

APOLLO

600馬力のメガハッチが誕生。メルセデスAMG A45Sのチューニングキットが発売(http://clicccar.com/2020/01/24/949533/)