no title

 犬だって猫だって、1匹ずつ個性が異なり容姿も異なる。ユニークな子がいたって、みんな違ってみんないいのだ。しかし、そのユニークな容貌が原因で、ブリーダーから「売れないから要らない」と拒否されてしまった1頭のハスキーがいた。

 その犬は、2年ほど前にアメリカニュージャージー州にあるハスキーの救済・保護施設に連れて来られて以来、ずっと飼い主を探し続けていた。

 今回、スタッフFacebookにそのストーリーシェアすると大きな反響を呼び、ついに飼い主が見つかったようだ。

―あわせて読みたい―

280日後のハッピーエンド。保護施設で9か月以上里親を待ち続けていた犬がついにあたたかい家族のもとへ(アメリカ)
みんな違ってみんないい!白斑の動物たちの画像
保護施設で2381日過ごした犬。ついに家族に巡り合える(アメリカ)
みんな違ってみんないい。額から尻尾が生えた子犬が、まるでユニコーンのようだと大人気に(アメリカ)
【続報】額に尻尾が生えたユニコーン子犬、ついに永遠の飼い主を見つける(アメリカ)

ブリーダーに拒否されたハスキー犬“ジュビリー”

 ジュビリーは、今から2年ほど前にニュージャージー州マタワンにあるハスキーを救済・保護する非営利団体『Husky House』にやって来た。

 ジュビリーの飼い主はブリーダーだったが、ジュビリーユニークな容貌をしているために「この顔じゃ売れない」とジュビリーを拒絶し、施設へ預けたのだ。

 それ以来、ジュビリーはずっと施設で孤独に過ごしてきた。ジュビリーの容姿は確かに一般的なハスキーとはちょっとばかり違っている。

 目の位置が近く、ちょっとびっくりしたような表情に見える。でも、ジュビリーはただの少数派であり、「ユニーク」で「スペシャル」なだけなのだ。体は健康だし、愛嬌のある仕草はとてもかわいい。それはハスキーならではのものだ。

 施設スタッフはそれをよくわかっていた。しかし悲しくも、ジュビリーを引き取りたいという申し出をしてくれる人が現れないことに心を痛めていた。

Facebookでストーリーをシェアすると大反響を呼ぶ

 そこでスタッフは、同団体のFacebookにジュビリーストーリーシェアすることにした。ジュビリー目線で綴られた投稿は下記の通り。

私の名はジュビリーです。4歳のメスのハスキーです。「変な顔だから売れない」とブリーダーに拒否されて、この施設へやってきて、もう長い間ここにいます。

ハスキーは、威厳に満ちた堂々とした顔をしているのに、どうして私の顔はそうではないのでしょう。もっと美しかったら、誰かに引き取ってもらえるのにと思います。

他の犬とは仲良くできるけど、猫はちょっと苦手です。人間は大好きですが、ほとんどの人が私の顔を見て笑うので、少しシャイになってしまいます。

こんなおもしろい顔をしたハスキーは好きじゃないですか?この顔は嫌いですか?自分の全てを愛してくれる自分だけの家族がほしいです。


 この切実なジュビリーの投稿は、多くのユーザーらの注目を浴び、思いがけない大きな反響を呼んだ。それを知った施設スタッフは、次のように話している。

ジュビリーは、とてもかわいい犬です。でも、過去からの深刻な拒絶に直面しているため、今も自分を「変」だと判断するかもしれない見知らぬ人には、少し警戒心を抱く傾向にあります。

でも、彼女を親友のように扱ってあげれば大丈夫です。心を開いてくれたら、ジュビリーは飼い主をとても愛してくれる犬になることでしょう。

Facebookシェアで、多くの人が私たちスタッフ同様、ジュビリーを「スペシャル」だと思ってくれていることを知り、とても嬉しくなりました。たくさんの愛とサポートを受け取り、感謝しています。


 事実、Facebookにはこのようなコメントが相次いだ。

・あなたはとっても美しく、素敵な目をしているわ!私たちはテキサス州に住んでいるんだけど、あなたを喜んで引き取りたいと思ってるわ。

・この犬は「変」とか「面白い」のではなく、みんなとちょっと違うだけよ。どうか早くいい飼い主が見つかりますように!

この子を引き取れる部屋のスペースがあったら、引き取りたいのに!

・ひどいブリーダーだね。お金儲けしか考えてないブリーダーだよ。かわいそうに。

・私、ユニークな顔のハスキーミックスを飼っているけど、愛犬が大好きよ。

・私の犬も、とてもユニークな顔だよ。でもだからこそ引き取ったの。自分でした最高の選択だと思ってる。とってもかわいくて素晴らしい犬だよ。

・目がとてもいいと思う。どんな生き物もそれぞれ個性と価値があるのよ。神様は間違いなんて起こさないわ。

・父は私の犬を「ガーゴイルみたいだ」って言ったけど、私はどの犬も美しくて素晴らしいと思う。

・うちの猫もちょうどこんな顔してるけど、かわいいよ!

・とてもユニークかわいいじゃない!どうか1日も早く永遠の家が見つかりますように。

ついに、ジュビリーに永遠の家が見つかる

 このストーリーシェアされた後、まもなくしてジュビリーに幸運が舞い込んだ。

 過去に施設を利用して犬を引き取ってくれた人物が、ジュビリーを引き取りたいと施設に申し出たのだ。おかげで、ジュビリーはついに永遠の家を得ることができた。

 新しい飼い主の家で、ジュビリーは他の犬たち仲間と一緒に暮らしていくことになるそうだ。ジュビリーに、これから多くの幸せが訪れますように!

written by Scarlet / edited by parumo

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52286888.html
 

こちらもオススメ!

―動物・鳥類についての記事―

急所一転狙いの猫、息子スティックにクリティカルヒット!
煙突から留守中の家に落ちてきたリスが新築の家を破壊しまくっていた(アメリカ)
愛犬と1週間後の再会、自分も寂しかったけど犬はもっと寂しかったようだ
めったに集まらない5匹の猫がベッドの上に全員集合。手術を終えた飼い主をいたわるため
道路にいた迷い犬がドライバーたちの連携プレイで飼い主の手に戻るまで(やさしい世界)

―知るの紹介記事―

煙突から留守中の家に落ちてきたリスが新築の家を破壊しまくっていた(アメリカ)
半世紀ぶりの猛吹雪で大雪に見舞われたカナダ。その驚くべき光景とユーモアのあるカナダ人が大雪と向き合う方法
月の粉塵から酸素を生成する技術を実用化する為、地球上の施設でシミュレーション中(欧州宇宙機関)
脳に知識をダイレクトにアップロードする方法が判明(米研究)
大丈夫、助けてくれる人はいる。集団の無責任「傍観者効果」は実際の状況では起きにくいことが判明(国際研究)
「これじゃ売れない」とブリーダーに拒否され施設に預けられたハスキー、ついに永遠の家が見つかる(アメリカ)