1月24日(金)、東京・幕張メッセ格闘ゲームの祭典「EVO Japan 2020」がスタートした。開催は1月26日(日)までの3日間。大会の様子はTwitchMildom、スポーツブルなどの配信サイトでも観戦可能だ。

(画像はYouTube「191218 EVO JAPAN PV ワンダーラスト 観覧」より)

 「EVOEvolution Championship Series)」は、1995年アメリカカリフォルニア州で行われていた40人制の小さな格闘ゲーム大会Battle by the Bay」を前身としており、2003年に現在の名称となった。現在では、世界最大規模の対戦格闘ゲームトーナメントとして、世界中のプレイヤー達が集う、国際大会のひとつへと成長している。

 日本では2018年の「EVO Japan」以降、毎年開催されている。大会には、実行委員会が主催する「メイントーナメント」と、有志によって構成されたコミュニティ・団体・サークルなどが主催する「サイドイベント」があり、いずれも誰でも参加できる。

 今大会でメイントーナメントの種目に選出されているのは、PlayStation 4BLAZBLUE CROSS TAG BATTLESAMURAI SPIRITSSOULCALIBUR VI』ストリートファイターV アーケードエディション』大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL鉄拳7の計6タイトルだ。なお、『SAMURAI SPIRITS』と『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』は今大会の新規採用タイトルだ。

(画像はYouTube「191218 EVO JAPAN PV ワンダーラスト 観覧」より)
(画像はYouTube「191218 EVO JAPAN PV ワンダーラスト 観覧」より)

 操作技術の高いプレイヤーの戦いを見られる機会なので、これらのタイトルに興味があれば、中継映像や公式サイトチェックしてみてほしい。

ライターヨシムネ

ヨシムネ
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。