1月23日夕方、木下優樹菜さんや菜々緒さん、東原亜希さんなど多くの人気タレントが所属する芸能事務所プラチナプロダクション」がサイト

インターネット上での誹謗中傷に対する方針
https://platinumproduction.jp/news/9208/[リンク]
という文章を掲載した。

現在、インターネット上において当社及び当社所属タレントの名誉及び信用を毀損する、事実無根の記事やコメント等が散見されます。
その一例として、
反社会的勢力が当社の立ち上げに関わった
・当社社員の中に反社会的勢力メンバーがいる
等の内容が散見されております。
当社は、設立から現在に至るまで、反社会的勢力の人間が経営に携わったり、社員として所属していた事実はございません。

と、反社会的勢力との関係を否定。事実に反した記事やコメントに法的措置を含めた厳正な対処を行っていく方針を発表した。

昨年11月ユッキーナこと木下優樹菜さんがタピオカ店を恫喝したとネットを中心に騒動になり、事務所は不適切な言動があったとして木下さんの芸能活動自粛を発表した。
タピオカ店恫喝騒動で大炎上のユッキーナこと木下優樹菜さん 所属事務所が芸能活動自粛を発表
https://getnews.jp/archives/2286117[リンク]
木下さんが「事務所総出でやりますね」といったようなメッセージを送っていたことから、いわゆる「事実無根の記事やコメント等が散見」される事態となったと思われる。

現在掲載されている週刊誌Web版記事など、警告の内容に触れるのでは? といった記事も散見され、今後の対応が注目される。

※画像は『Twitter』より

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』
木下優樹菜さんが所属するプラチナムプロダクションが「インターネット上での誹謗中傷に対する方針」を発表