1位負債総額1033億円
100億円超13社

 今回は、2019年に全国で倒産した企業のデータを使い、「大型倒産ランキング2019」をお届けする。東京商工リサーチの集計データを基にダイヤモンド編集部が作成した。対象期間は19年1~12月

 ワースト10で最も多かった業種はホテル経営・運営で4社。人気アニメラブライブ!サンシャイン!!」の聖地として知られるホテルを運営していた企業が、負債総額で上位に浮上した。100億円超の倒産は13社だった。

 1位はパナソニックの完全子会社、MT映像ディスプレイ大阪府)で負債総額は1033億円。

 03年にパナソニック(当時は松下電器産業)と東芝のブラウン管事業の合弁会社として、実質的に事業を開始した。

 液晶との競争激化やブラウン管需要の減少で、06年3月期に債務超過。07年にパナソニックが東芝の出資分を買い取った。

 ブラウン管の製造からは撤退し、補修サービスのみを続けていたが、その後、事業活動を停止。19年1月に特別清算に至った。

 2位はホテル運営のエメラルドグリーンクラブ東京都)で450億円。ホテルグリーンプラザ鴨川(千葉県鴨川市)、ホテルグリーンプラザ強羅(神奈川県箱根町)といった会員制リゾートクラブの運営を手掛けていた(両ホテルは運営を継続)。

 会員数の減少や預託金を巡るトラブルがあり、資金繰りが行き詰まった。

 3位はホテル経営のAWH(静岡県、19年10月に淡島ホテルから社名変更)で400億円。同社が18年まで運営していた淡島ホテル静岡県沼津市)は、「ラブライブ!サンシャイン!!」に登場するアイドル小原鞠莉の実家が経営するホテルモデルとなっていた。現在、淡島ホテルは別の企業が経営しており、「ラブライブ!」とのコラボ企画も打ち出している。

 グループ企業が運営するホテル会員向けの社債などが弁済できず、トラブルが発生。19年7月に債権者から破産を申し立てられ、12月に破産した。

 9位の日本オーナークラブ東京都)も、ホテルグリーンプラザ富士(静岡県御殿場市)、ホテルグリーンプラザ浜名湖(同県浜松市)を運営していた(両ホテルは運営を継続)。

 負債総額は145億円。業績の低迷に加え、グループ企業であるエメラルドグリーンクラブの法的整理もあり、日本オーナークラブは昨年11月、民事再生法の適用を東京地裁に申請した。

 10位はパチンコホールホテル経営の土高興業(東京都)で、110億円だった。

倒産件数11年ぶり増加

E保険プランニング民事再生
倒産件数11年ぶり増加

 4位はゴルフ場経営のサンユウ産業(東京都)で負債総額は232億円。5位は液晶テレビ・電子機器のFKサービス福井県)で200億円。6位は中国系の貿易商社、上海国際(東京都)で200億円だった。

 7位は生命保険・損害保険代理業のAIコーポレーション東京都、19年12月にT.F.Kから社名変更)で、194億円。

「E保険プランニング」の名称で全国に代理店を展開した同社は19年12月5日、東京地裁に民事再生法の適用を申請した。

 実は19年6月15日号の「週刊ダイヤモンド」で、「もはや破綻の瀬戸際か 保険代理店T.F.Kの窮地」と報じた。

 社長を務めた黒川哲美氏は超高級飲食店の常連で、約20頭の馬を所有するなど派手な生活で知られたが、18年に国税庁から不正会計を理由に5億円超を追徴課税される。その後、りそな銀行に借り入れを申し込んだが断られ、50行に対し返済猶予を要請していた。

 記事では、「黒川氏は、自身に掛けた某外資系生保の契約を全部解約して資金を集めているが、債務超過を解消することは困難だろう」と結んでいた。

 8位はゴルフ場経営のワイ・ケイ・ジャパン東京都)で162億円。

 東京商工リサーチによると、19年の全国の企業倒産件数(負債総額1000万円以上)は、前年比1.7%増の8383件。倒産件数が前年を上回るのはリーマンショックが起きた08年以来、11年ぶりである。人手不足による人件費の高騰などが重荷となった。

ダイヤモンド編集部 清水理裕)