漫画やアニメゲームといったコンテンツと並び、日本を代表するポップカルチャーの一角として、海外でも広く認知されているコスプレ。昨今では、テレビ番組や雑誌のグラビアページでも特集を組まれる機会が多く、“誰でも気軽に楽しめる趣味”として、今後さらに幅広い層に浸透していくことが予想できます。

「アズールレーン」のシリアスに扮する春野ゆこさん

そんなコスプレが楽しめるイベントは、いまや全国各地でほぼ毎週末…といったペースで開催され、いずれも盛り上がっていますが、参加した際には「コスプレイヤーの衣装を通して、その時期に旬のアニメゲームを分析できる」といったところも、会場まで足を運ぶ醍醐味のひとつと言えるでしょう。

こちらの記事では、総来場者数75万人を記録した「コミックマーケット97」で見つけた美女レイヤーたちを紹介しつつ、“ゲームヒロイン”という切り口で、コスプレのトレンドを分析してみました。

新旧さまざまなゲーム作品のキャラクターが集結するなか、不動の人気を誇る「Fate/Grand Order」と並び、もっとも扮するレイヤーが多かったのが「アズールレーン」のヒロインたち。もともとの人気に加え、2019年にはテレビアニメも放送されたことから、知名度はさらに上昇。それに伴い、本作のコスプレに挑戦するレイヤーも急増したようで、なかには複数名で参加し、大型の“併せ”を行うグループもいました。

もちろんその他にも「シノアリス」や「IdentityV 第五人格」「ドールズフロントライン」など、コスプレイベントではお馴染みのスマホゲームも人気で、これらのヒロインに扮したレイヤーも多数参加していましたが、そのなかでも特に気になったタイトルが「アークナイツ」。

コミケ97」の開催時点では、まだリリース前(日本では2020年1月より配信開始)であったものの、海外ではすでに人気のタイトルで、早くも同作のコスプレイヤーが続々と集結。そのなかには、海外から遊びに来ていたレイヤーも多く、忠実に再現した武器や装飾品も持ち込み、多彩なポーズで写真撮影に応対してくれました。

大盛況となった「コミケ97」に続き、「ワンダーフェスティバル2020[冬]」(2月9日幕張メッセにて開催)や、「第16回 日本橋ストリートフェスタ2020」(3月15日、大阪・日本橋周辺にて開催)、「AnimeJapan 2020」(3月21日~24日、東京ビッグサイトにて開催)など、コスプレが楽しめる大型イベントは、今後も続々と全国で開催されます。

はたしてこれらのイベントでは、どのようなコスプレに人気が集中するのか?放送中の2020年冬アニメや、これからリリースされる最新ゲームチェックしつつ、予想するのもおもしろいかも!(WebNewtype・取材・文=ソムタム田井)

「アズールレーン」のベルファストに扮する尊みを感じて桜井さん