ANAが導入するエアバスA380型機「フライングホヌ」。その最後の1機について塗装が終了し、ドイツハンブルクで姿を現しました。ハワイの「夕陽」をイメージした「サンセットオレンジ」を身にまとい、まつげポイントです。

ハンブルクで塗装が完了 ANA最後のエアバスA380「フライングホヌ」

ANA全日空)が導入を進めている世界最大の旅客機エアバスA380」。その最後となる3機目の機体について、ドイツハンブルクにあるエアバスの工場で行われていた塗装作業が完了。2020年1月24日(金)14時すぎ(日本時間24日22時すぎ)、報道陣へ初めてその姿が披露されました。

ハワイ線に投入されることから、そこで神聖な生き物とされているウミガメにちなんだ「FLYING HONU(フライングホヌ〈空飛ぶウミガメ〉)」の愛称とデザインを持つ、ANAエアバスA380型機。

3機それぞれデザインが異なり、このたび姿を現した3号機は、ハワイの「夕陽」をイメージした「サンセットオレンジ」を身にまといます。2019年5月就航の初号機はハワイ「空」イメージした「ANAブルー」、6月就航の2号機はハワイの「海」をイメージした「エメラルドグリーン」のデザインです。

総2階建ての巨大なエアバスA380型機、その機体いっぱいに描かれた、鮮やかなオレンジウミガメたち。この3号機は、空港で特に目立ちそうです。

色以外にも違い ANAエアバスA380「フライングホヌ」3号機 デビューは?

ANAエアバスA380型機「フライングホヌ」は、機体に描かれているウミガメの目が、初号機は穏やかな表情、2号機は笑顔で、この3号機はまつげのある女性的なものになっています。

このたび塗装が完了した3号機は今後、フランスのトゥールーズにあるエアバスの工場でテストなどを行ったのち、4月にANAエアバスより受領。準備が調い次第、ほかの2機がすでに活躍している東京(成田)~ハワイホノルル)線にデビューする予定です。

ANAによると「フライングホヌ」は、「ウミガメモチーフとした外観と充実した機内設備により、大変ご好評をいただいております」とのこと。

フライングホヌ」には、ハワイの景観をイメージした機内照明、バーカウンター、多目的ルーム、ファーストクラス、ペアで座れるビジネスクラス、横になってくつろげるエコノミークラスのカウチシートANA COUCHii」などが採用されています。

またANA2020年7月1日より、エアバスA380型機「フライングホヌ」による東京(成田)~ハワイホノルル)線の運航を、週10往復から14往復へ拡大(毎日2往復のダブルデイリー)。ANAの同路線は、すべて「フライングホヌ」による運航になる予定です。

姿を現したANA3機目のエアバスA380型機「フライングホヌ」(2020年1月24日、恵 知仁撮影)。