【見たことはあってもかけたことがない人がほとんど】高速道路の「非常電話」はどう使う? どこに繋がる?

受話器を上げるだけで道路管制センターに繋がる

 いつも目にしているのに、使ったことがある人はほとんどいないのが、高速道路に設置されている非常電話だ。トラブルにあっても、携帯電話から110番なりにかけてしまうだけに、なおさら使う機会は少ない。

 そもそもどこにつながるのか? つながるのは道路管制センターで、受話器を取るだけで担当者が出てくるので、面倒な操作などは不要。また、会話の不自由な方向けに、故障/事故/救急/火災のボタンがあるので、該当するものを押すだけで伝わるようにもなっている。また、各高速道路会社によれば、ボタンがない機種の場合でも受話器を叩くなどすれば、緊急事態発生とわかってくれるとのこと。

高速道路にある非常電話の使い方

本線上は1kmごと、トンネル内は200mごとに設置される

 非常電話が設置されているのは本線上、トンネルだけでなく、インターチェンジサービスエリアパーキングエリアバス停、非常駐車帯などさまざま。間隔は本線上が1kmごと、トンネル内は200mごととなっている。

高速道路にある非常電話の使い方

 タイミングによっては結構遠いこともあるだろう。その場合は携帯電話固定電話からも可能)で♯9910にかけると、非常電話と同様に道路管理者につながる。こちらは国土交通省が管理する国道も含まれるので、覚えておくといいだろう。ちなみに24時間、無料で使えるので負担はない。

高速道路にある非常電話の使い方

♯9910は道路緊急ダイヤルと呼ばれ、事故だけでなく、道路の損傷や損壊、逆走の発見時など、さまざまな状況で使うことができる。しかし、運転時の携帯電話の使用は違反になるし、高速道路では通話のために止まるのも違反になるので、同乗者がいれば同乗者にかけてもらうのがベストだ。ただし、逆走車が目の前から来ていたりして、危険が迫っている緊急時は携帯電話を使用しても緊急時の対応として、違反に問われる可能性は低い場合もあるだろう。

高速道路にある非常電話の使い方

高速道路にある非常電話の使い方

【見たことはあってもかけたことがない人がほとんど】高速道路の「非常電話」はどう使う? どこに繋がる?